> >

1回5秒~10秒で腹筋が引き締まる!ウエスト痩せトレーニング2種

腹筋
腹筋群の中でも、腹横筋などカラダの奥にある筋肉をインナーマッスルといいます。このような深部にある筋肉は、カラダを動かす事のほかに内臓の位置を保持するなど、カラダを形成するうえでとても重要な役割を持っているので、衰えるとカラダのたるみやスタイルの乱れとなって現れます。

スポンサードリンク

 
大きな筋肉は鍛えることで、脂肪の燃焼を促し、体脂肪を減らすことでウエストのサイズダウンにつながりますが、インナーマッスルは鍛えることで姿勢が整い、スタイルが良くなります。

特に運動が苦手という方にはオススメで、短い時間で行える運動です。
その上、効果が出るのが早いのも特徴です。ただし楽なわけではないので、汗をかいても良いように準備をしてから行いましょう。

 

ヒップリフト

両足を肩幅くらいに開き、膝を曲げて仰向けで寝ます。
両手はカラダの横に置いて楽にしておきましょう。

ゆっくりお尻を持ち上げて、肩から膝までが一直線になるようにし、三角形を作ります。
この時、重要なのは、お腹に力を入れておくことです。
お尻が落ちていないか、しっかりチェックしてください。

10秒姿勢をキープしたら、ゆっくりお尻を下します。

楽にできているのは、お尻が落ちてお腹の力が抜けてしまっている証拠です。
鏡を見ながら、お尻が落ちていないかしっかりチェックしましょう。

このトレーニングのポイントは、お尻を上げている時に、肩から膝までが一直線になっていることです。それができていないと無駄な10秒になってしまいますので気をつけましょう。

 

シッティングリクライン

脚を伸ばして長座の姿勢になり、背中をまっすぐ伸ばします。
両手は胸の前で組みます。

背中をしっかりと伸ばしたまま、上体を後ろに倒します。
背中がちゃんと伸びていると、上体は少ししか倒れませんが、倒れるところまでで大丈夫です。

いけるところまで倒したら5秒間、姿勢をキープします。

背中が丸まったり、顎が上がったりしたままだと、後ろに倒すのが楽にできます。
顎を引いて、背中を伸ばすのがトレーニングのポイントです。
カラダがプルプル震えるのは、筋肉がちゃんと使えている証拠です。
息を止めないように気をつけて行いましょう。

1回は5秒~10秒と短いトレーニングなので、ポイントとなる姿勢の保持がとても重要です。短時間ですが、正しい姿勢で行うととてもきついトレーニングです。
正しい姿勢でできるように、繰り返し行いましょう。お腹に力を入れている意識をして行うとしっかり効果があらわれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.