> >

お腹・下腹・ウエスト…やり方次第で効く場所が違う!腹筋運動3種

産後ダイエット
ウエストを細くしたいという人でも、悩みはそれぞれ違います。

スポンサードリンク

 
ポッコリ前に出たお腹・ぷっくり凹まない下腹・くびれ無しのウエストと、それぞれの悩みによって違うトレーニングを紹介しますので、自分の体型に合わせてトレーニングを選択してください。

 

お腹ポッコリに効果的なトレーニング

まずは、お腹がポッコリ出てしまっている人向けのトレーニングです。腹筋の基本的な動作で、腹直筋の全体を鍛えるトレーニングですが、特に上部に効果があります。

 

「クランチ」のやり方

胸の前で手を組み、仰向けに寝ます。
両膝を曲げ、イスなどの上にカカトをのせます。壁に足をつけても構いません。

上体を持ち上げられるところまで持ち上げます。反動はつけないようにしましょう。
なるべく、頭だけではなく、背中が床から離れるように意識して行いましょう。

持ち上げられるところまで行ったら、そこで2秒止めます。
ゆっくり元の姿勢に戻り、10回動作を繰り返します。

 

凹まない下腹に効果的なトレーニング

なかなか凹まない下腹に悩んでいる方は、こちらのトレーニングに挑戦してみてください。
腹直筋の下部に効果的なトレーニングです。

 

「レッグレイズ」のやり方

手を床につき、両脚を伸ばして仰向けに寝ます。

脚を伸ばしたまま、両脚同時に床から持ち上げます。
この時、お腹に力を入れるように意識をします。

床と垂直のところまで両脚を上げたら、ゆっくりと脚を下していき、床に着かないギリギリのところで止めます。
再び脚を持ち上げていき、この動作を10回繰り返します。

 

くびれ作りに効果的なトレーニング

ウエストのくびれが無く悩んでいる人は、腹斜筋を鍛えるトレーニングを行うと良いでしょう。
クランチにひねりを加えて行うトレーニングです。

 

「ツイストクランチ」のやり方

胸の前で手を組み、仰向けに寝ます。
両膝を曲げ、イスなどの上にカカトをのせます。壁に足をつけても構いません。

寝た状態でカラダを捻りながら肘を反対側の膝につけるように、上体を持ち上げられるところまで持ち上げます。反動はつけないようにしましょう。
なるべく、頭だけではなく、背中が床から離れるように意識して行いましょう。

持ち上げられるところまで行ったら、そこで2秒止めます。
ゆっくり元の姿勢に戻り、反対側に捻り、同じように動作を繰り返します。

左右交互に10回行いましょう。

 

腹部を意識して毎日トレーニングを!

一回にどれか1種類でも、毎日3種類でも、体力に合わせて選択して行ってみてください。

常に腹部に力を入れている意識をすることがポイントです。動作がきつく腹筋運動が正しくできないと、首が痛くなったり、腰が痛くなったりすることがあります。無理な時は回数を減らすなど、工夫して行ってみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.