> >

普通の腹筋運動だけじゃダメ!ウエスト痩せのために鍛えたい3種の筋肉

腹筋
ウエストを細くするための基本となる腹筋運動にもいろいろな方法があります。なぜなら、お腹周りにはたくさんの筋肉がついていて、それぞれ鍛える方法が違うからです。

スポンサードリンク

 
ウエストを引き締めるために必要な筋肉は主に3種類で、「腹直筋」「腹斜筋」「腹横筋」といいます。

 

腹直筋

腹直筋は、お腹の中央部分にある筋肉です。最も表層にあり、触ることができます。鍛えていて腹筋が割れている人を見ると「シックスパック」という6つに分かれた腹筋の形を見ることができます。これが腹直筋です。一般的に「腹筋」というと腹直筋のことで、腹筋運動というのもほとんどが腹直筋を鍛える運動になります。

カラダを前屈(前に倒す)させる時に働く筋肉で、カラダを支える役割を持っています。姿勢の保持や、腹部全体の引き締め、上半身と下半身の動きの連動など、カラダの中心部として重要な役割を持つ筋肉なので、毎日でもトレーニングして鍛えておくようにすると良いと思います。

 

腹斜筋

腹斜筋は、脇腹のところに斜めに走行している筋肉で、カラダを捻じったり、側屈(真横に倒す)したりする時に働く筋肉です。ウエストのくびれとなる筋肉ですので、ウエストを引き締しめるためには欠かすことができません。一般的な腹筋運動では鍛えることができないので、捻じりの動作を入れる腹筋運動や、側屈などで鍛えます。

ただ、捻ったり、側屈したりしているだけではあまり効果がなく、トレーニング目的のためにはある程度の強度が必要になります。

 

腹横筋

腹筋群の中でカラダの最も深部にある筋肉です。カラダを動かす時にはもちろんですが、それ以外に腹圧を高めて姿勢を保持したり、内臓の位置を保ったり、排便を助けるなどの重要な働きを持った筋肉です。カラダの内部で他の筋肉の基礎となっている腹横筋が衰えていると、表層の腹直筋や腹斜筋を鍛えても効果が低くなることもあります。

正しくトレーニング効果を出すためには、腹横筋の強化が重要になってきます。腹横筋を鍛えることで、実際に脂肪の量などが変わらなくても、姿勢が整い、ウエストや腰回りが引き締まってスタイルが良くなることもあります。カラダの基盤となる筋肉なので、しっかり鍛えるようにしましょう。

 
腹筋運動は、一度に沢山行うよりも、一度に10回でもいいので、毎日行った方が効果的です。ウエストやせを目指す人は、まず今から10回!毎日続けてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.