> >

あなたのウエストが変わる!自慢のくびれを作る超簡単なコツとは?

ウエスト痩せ
 
あなたはウエストにくびれがありますか?
本当はもっとかわいい服が着たいと思っているのに、お腹周りをカバーできるような服ばかり着ていませんか?
もしあなたが今その状況なら、これからはキュッとくびれたウエストで着たい服を堂々と着こなしましょう!

スポンサードリンク

 
「くびれ」を作るお手軽なコツをこれからご紹介するので、ぜひ読んで実践してみて下さいね。確実にウエストが変わりますよ!

 

普段の行動にプラスしてエクササイズに!

では、どんなコツか?
それは、歩く姿勢と歩幅を意識することです。
私たちは特別に運動していなくても一日に換算してみると結構な歩数を歩いているのです。
でも普段私たちが何気なく歩いている時は、脚の筋肉のほんの一部分しか使っていません。
どうせ歩くのであれば、ちょっとしたコツをプラスアルファしてエクササイズに変えてしまえば効率的ですよね。
歩くだけで「くびれ」ができるなんて、ちょっとお得だと思いませんか?

 

くびれを作るためのコツ

では、効果的なコツの具体的な方法をご説明していきます。

 
1. 背筋を伸ばす

2. いつもより「足一つ分」前に出すつもりで、歩幅を大きくとって歩く。

3. 足は、かかとから着地するように意識する

 
これだけです。

そして、重要なポイントは「上半身がなるべく動かないように」を意識することです。
歩幅を大きくすると、上半身がどうしても前のめりになりがちなんです。
だから最初慣れないうちは「上半身を固定する」をイメージしてみて下さい。

 

エネルギー消費はなんと2倍に!

実際にやってみると解るのですが、ただ歩いているだけなのにいつもよりも体力を使っていることを実感していただけます。
実はダラダラと小さな歩幅で歩いているときと比べると、エネルギーの消費は2倍近くなんです。
ちなみに、体重が1kg減ればウエストも1cm減ると言われています。
でも歩くだけで体重を減らそうとすれば、7,000キロカロリーのエネルギーを消費しなければなりません。
歩数にして15万歩以上。毎日1時間歩いてほぼ1ヶ月かかる計算になります。
でもこのカロリー消費が2倍の歩き方をしていれば、単純にかかる時間は2分の1。
毎日30分くらいしか歩いていなくても、1ヶ月で1kg減らせます。

 

腰で歩くとこんなに変わる!

また、歩幅を広げるだけで歩く時にウエストの筋肉を使います。
すると「腰で歩く」に近づきます。
この「腰で歩く」はモデルさんが基礎として学ぶ「ウォーキング」の原理と同じです。
ここで紹介したコツは「ウォーキング」のカンタンバージョンだと思って下さい。
ショーに出演しているモデルさん達は、上半身をぐらつかせずに脚全体で歩いていますよね。
ちょっとモデルさんをイメージしながら歩いてみると、背筋も伸びて歩き方もキレイになるのでおススメです。

このコツが身につけば、確実にあなたのウエストは変わります。ぜひ今日から意識して歩いてみて下さいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.