> >

2週間でぽっこりお腹にさようなら!短時間・効率的トレーニング


 
ぷよぷよ・ぽっこりお腹をどうにかしたい!
そんな方に、短時間で効果が出るトレーニングをご紹介します。

スポンサードリンク

 
とはいえ、最初からハードなトレーニングでは気持ちも萎えてしまいますよね。
まずは、ソフトで効率的なトレーニングから初めて徐々にレベルアップしていきましょう。

では、ソフトなトレーニングからご紹介します。

 

お腹を凹ますトレーニング・初級編

(1) よつんばいの姿勢になります。腕は床と垂直に、手のひらを広げて床に置きます。ひざは90度の状態です。

(2) 頭を下げて、おへそを覗きこみます。これはあくまでもイメージです。

(3) 背中を丸めておへそを天井へ引き上げていきます。同時にお腹を思いっきり限界まで凹ませます。
  おへそを更に天井へ引き上げる意識を続けながら、その状態で20秒キープします。

(4) ゆっくりお腹を水平の位置へ戻します。

(5) 次は頭を上げて天井を見ます。

(6) ゆっくり背中を反らして、鼻先を真上の方向へ伸ばしていきます。
  この時、お腹の筋肉が伸びていることを感じてみて下さい。
  もし腰が痛くなれば、この動作は避けて下さいね。

(7) ゆっくりと頭と背中を元の水平の位置へ戻します。

 
これを1セットとして、3セット行って下さい。回数は増やしても構いません。

このトレーニングは、筋トレとお腹のストレッチを効率的に行えます。
特にお腹のストレッチは普段なかなかする機会がないので、お腹の筋肉は固まりがちです。
お腹の筋肉を伸ばして血行を良くすることで、お腹の脂肪代謝を促進させることができます。
終わった後は、お腹がじんわりぽかほかしてスッキリとした感覚を味わえますよ。
また、背中のコリもほぐれて肩こりにも効果があります。

では、次は少しハードなステップアップトレーニングをご紹介します。

 

お腹を凹ますトレーニング・上級編

(1) うつ伏せになって、ヒジから先の両腕を肩幅の広さで床につけて、上体を起こします。
ヒジの角度は90度です。手は軽く握ります。

(2) 両脚はまっすぐ伸ばして、両つま先を立てます

(3) お腹を真上に上げて、頭から足まで水平の状態を作ります。この状態で10秒キープ。

(4) ゆっくりお腹を床に下します

 
これを3セット行って下さい。
ポイントは、お腹を上げ過ぎて背中が曲がらない事。あくまでもお腹と背中は床と水平に保って下さい。

 

2日に1回でもOK! まずは2週間を目標に

これまであまり運動をしなかった方は、最初のソフトなトレーニングでお腹の筋肉を少しずつ強化しながらストレッチも行ってお腹の代謝をアップさせて下さい。
すぐにでもお腹を引き締めたい!という方はソフト&ステップアップトレーニングを行えば効果は倍増しますよ!

毎日でなくても、2日に1回など無理のない計画を立ててぜひ2週間以上続けてみて下さい。
身体はとっても正直で、やったことは必ず結果として出ます。
やらなければ、ずーっと同じ状態のまま。更にお肉は際限なくどんどん増えていきます。
そんな状態を断ち切って、あなたのお腹を理想のお腹に変えましょうね!

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.