> >

ウエスト痩せの特効薬「体幹トレーニング」の方法3パターン


ウエストに効果的な運動は、一般的な腹筋運動や捻りを加えた動作など色々ありますが、中でもウエストが引き締まるエクササイズを紹介します。

スポンサードリンク

 
スポーツ選手も行っていることで有名な体幹トレーニングですが、実はウエストの引き締めにもとても効果があります。
バランスがとりにくくて最初は難しいですが、何度もやっているうちにできるようになっていきます。
特別な器具などを必要としないので、ぜひ挑戦してみてください。

 

体幹トレーニング 初級編

比較的簡単で強度の低い動作です。

横向きになり、肩の真下に手のひらをついて、膝を90度に曲げます。
腰を持ち上げていき、上から見た時に頭から膝までが一直線になっているようにしてください。
腰がくの字に曲がったり、頭がフラフラしたりしないように気をつけましょう。
その姿勢で15秒間キープします。
左右同じように動作を繰り返します。

 

体幹トレーニング 中級編

体の接地面積が少なくなり、バランスがとりにくくなります。

横向きになり、肩の真下に手のひらをついて、膝を伸ばし、足首を90度に曲げて地面につきます。
上から見た時に頭から足首までが一直線になっているようにして、腰を持ち上げていきます。
手と足首で体を支えます。
腰がくの字に曲がったり、頭がフラフラしたりしないように気をつけましょう。
その姿勢で15秒間キープします。
左右同じように動作を繰り返します。

 

体幹トレーニング 上級編

中級の姿勢から、さらに動作が加わるので、難しくなります。

横向きになり、肩の真下に手のひらをついて、膝を伸ばし、足首を90度に曲げて地面につきます。
上から見た時に頭から足首までが一直線になっているようにして、腰を持ち上げていきます。
手と足首で体を支えます。
腰がくの字に曲がったり、頭がフラフラしたりしないように気をつけましょう。

その姿勢から、上側の脚をできるところまで上げていきます。
膝を曲げないように気をつけます。

できるところまで上がったら3秒間キープして、3秒かけて元の姿勢に戻ります。
この動作を3回繰り返します。

左右同じように動作を繰り返してみてください。

 

体幹トレーニングを効果的に行うために

動作が入るとバランスが崩れやすくなり、姿勢を保つのが難しくなります。
出来ない場合には、初級の姿勢に動きをつけるところから初めてみましょう。

一番のポイントは上からも前からもまっすぐの姿勢をキープすることです。姿勢を保つだけでも最初はフラフラしてしまいますが、保とうと意識をすることが重要です。
鏡などを見ながら、正しい姿勢でできているか確認しながら行うことで、綺麗なボディラインを作ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.