> >

下腹がぽっこり出てしまう3つの理由とお腹をへこませるダイエット


最近、下腹が出てきたような気がする……。
しかしながらウエストを細くするためにダイエットを決意したとしても、下腹が出た原因をちゃんと理解していないと、ダイエットが成功しにくくなってしまうかもしれません。

スポンサードリンク

 
ウエストが太くなり、下腹が出てくる理由は、大きく分けて3つあります。

 

下腹が出る理由は「肥満」「便秘」「老化」

1. 肥満

まず、肥満が原因のものです。
いわゆる、食べすぎで体重が増加してしまったというケースです。
こういうケースの場合には、食事管理と適度な運動が必要になってくるでしょう。
まず糖質と脂質を控える必要があります。
そして、ビタミンや食物繊維中心の生活をしましょう。
下腹をひっこめるためにも食生活の改善や運動はすべきですが、あまりにだらけた生活を続けていると、成人病にかかる可能性が急激にアップします。
若いうちはそれでもなんとかなったかもしれませんが、代謝が悪くなるとなかなかそうはいきません。

 

2. 便秘

そして、次に問題になりがちなのが「便秘」です。
女性を悩ませる「便秘」のせいで、下腹が出てしまう。
これは単に、お腹の中に便が溜まっているだけではありません。
腸内環境が悪いと、代謝も悪くなります。
そうなると体がむくみやすくなったり、痩せにくい体質になってしまったりするのです。
また、腸の中にガスが溜まりやすくなりますから、そのせいで余計に下腹が出てしまうという可能性もあります。
便秘の解消には、やはり食生活の改善が一番です。
食物繊維のたっぷり入った野菜やヨーグルトを食べて、腸内環境を良くするように努めましょう。
いくら激しい運動をしてもなかなか痩せられないという人は「お肉やケーキ、お菓子、ラーメンが好き。野菜は大嫌い!」なんていう食生活をしていませんか?
それでは、いくら運動しても便秘はなかなか改善しないかもしれません。

 

3. 筋肉の衰え

最後に、体の筋肉が衰えてしまって、下腹が出てくるということもあるそうです。
これは、若い頃はしっかりとお腹の内臓を支えてくれていた腹筋が衰えてきてしまい、そのせいで骨盤が歪んできてしまいます。
そのせいで下腹をぽっこり出してしまうという現象が起こるのだそう。
若い頃は痩せていたし、今も特段太るような食生活をしているわけではない。
でも急激に下腹が出てきてしまった……という女性は、このタイプのぽっこりお腹なのかもしれません。
特に、骨盤が歪みやすくなるような座り方や立ち方をしている女性は要注意です。
体重をずらして立ったり、脚を組んで座ったりするのはできるだけ避けたほうがいいでしょう。
このタイプの下腹のゆるみは、ヨガやストレッチで改善できます。
適度な運動が筋肉を鍛え直し、下腹をひっこめてくれることでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.