> >

ゆるやかな動きなのに腹筋・脚に効果アリ!フラダンスダイエット


ハワイなどでおなじみのフラダンス。海外旅行など良くされる方は、実際に見たことがあるという方もおられるかもしれませんね。
近頃は女性の習い事としても人気のようです。

スポンサードリンク

 
まだされた経験がない方は、パッと見はゆったりとして音楽もゆるやかなリズムですし、のどかな雰囲気のフラダンスですので、きっと楽な動きなのだろうと想像する人もおられるかもしれませんね。
ですが、見た目とは違ってこちらは実は結構筋力がいるダンスなのです。

 

腹筋や下半身を楽しく鍛えられるフラダンス

まず基本の姿勢が膝を軽くまげて腰を落としておかなくてはいけません。しなれないうちは太ももやふくらはぎがプルプルしてしまったり、筋肉痛になってしまう方もおられるようです。
このようにちょっと筋力が必要でキツイ目のフラダンスですが、腹筋、腹直筋、腹斜筋などもバランスよく使えますので、まさに理想的なダイエットのダンスと言えるでしょう。

夏場は薄着をする方も多いですし、冬場はゆったりとした洋服で隠していたお腹、お尻、太もも、ふくらはぎなんかも隠せなくなってしまいますよね。
フラダンスによって綺麗に筋肉が付きますと、お腹もへこみ、足もキュっとしまって、ミニスカートなんかも堂々とはきこなせるようになるかもしれませんよ。
背筋はしっかりと伸ばして、みなさんおなじみの独特の腰をゆらす動きをしますね。上半身がぶれてしまうと恰好悪いので、ぶれないようにしっかりと腰だけを動かしますので、腹筋を休むことなくトレーニングすることが可能です。

 

実践!フラダンスダイエット

基本の姿勢

それでは、まず基本の姿勢をやってみましょう。床に足の裏全体をしっかりとつけて立ってみて下さい。膝を徐々にまげて腰を落としてください。
くの字型になるように半腰のような状態まで曲げてください。背中がまるまっていると恰好が悪いですから、背筋はピンと伸ばしてくれぐれも背中を丸めた猫背姿勢にならないように気を付けて行いましょう。

 

AMI(アミ)のポーズ

続いて、AMI(アミ)のポーズです。腰だけを、右にクイッとひねるように動かしてください。続いて後ろにも、そして左にも動かしてみましょう。右回し、左回しと両方やってみましょう。
慣れないうちはひっかかったりする感覚があるかもしれませんが、何回もやっているうちにスムーズに動かせるようになってくると思います。

 

HELA(ヘラ)のポーズ

次に、HELA(ヘラ)のポーズです。先ほどした基本の姿勢から、右足をななめ前に伸ばし、左足の膝を深く曲げます。右腕は斜め前に、左腕は上に伸ばします。反対も同様にやってみましょう。
こちらのポーズは、腹筋も鍛えられますし、きゅっとしたくびれ作りも期待できます。二の腕もしまってきますのでおススメですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.