> >

キツくないのに何故か効く!ウエスト楽痩せ簡単エクササイズ3種


ウエストにくびれのラインが出ていないと、寸胴に見えてしまい、可愛い洋服も似合いません。

スポンサードリンク

 
でも、キツイ運動はしたくないという方に、どこでも出来る、ウエスト痩せダイエットをお伝えします。

 

8の字を描くウエスト痩せエクササイズ

背筋を伸ばして立ち、足を肩幅に広げます。
この時に、おへその下の腹に力を入れ凹ませ、お尻の穴にキュッと締めるように力を入れてください。
手はウエストに置き、上半身が曲がらないように腰を8の字に回していきます。

大き目の8を描くように回し、この動きを5~10回行うようにしてください。
お腹に力を入れながらゆっくりと回すことで、腹筋を少しずつ鍛えることが出来、なおかつ、骨盤運動をするため、骨盤の歪みを直し、腰痛を改善させる効果もあります。

ウエスト痩せダイエットを無理に行ってしまうと、腰痛持ちの人には悪化させてしまう可能性もあるため、この様なエクササイズは腰痛持ちの方には最適なエクササイズと言えます。

 

骨盤の歪みをとるエクササイズ

また、同じような方法ですが、骨盤の歪みをとってウエスト痩せダイエットに効果のある方法として、
肩幅に真っ直ぐ背筋を伸ばして立ち、前後に腰を動かします。
腰を後ろに出すときに息を吸って、前に出すときに息を吐くように意識してください。
息を吐きだすときにお尻をキュッと締めてください。

この動作もお腹に力を入れながらゆっくり行うと効果的です。
前後に振ると上半身が丸くなることがありますが、なるべく真っ直ぐに伸ばし、体を動かすのではなく、骨盤を動かすように意識するとウエスト痩せに効果のあるエクササイズになります。
これも前後で1セット、5~10回行うようにして下さい。

 

ウエスト痩せストレッチ

最後に、ウエスト痩せに効果のあるストレッチをします。
肩幅に足を開き、上半身を真っ直ぐにして立ちます。
その後、上半身を前後にできる限り倒し、前屈、後屈を行います。
もし、腰痛がある場合は無理しないでください。

これを前後で5~10回行った後、今度は右の骨盤に手を当て、右側に上半身を倒していきます。
この時、左腕は左の耳辺りに添えるような形でストレッチを加えてください。

右に倒した状態で5~10秒キープした後、上半身を起こし、左側も同じように行います。
左右で1セット、これを5~10回行って下さい。

ウエスト部分にぜい肉を感じる人は上半身を倒す秒数を少し多めに取った方が効果的です。
倒す側のウエストに手を添えてしまうと、ぜい肉を絞ることが出来ないため、必ず、骨盤の所に手を添えてください。

このストレッチも無理せず、しっかりと呼吸しながら行うようにしてください。

 
ウエスト周りが引き締まると、とにかく体のシルエットが綺麗になり、このエクササイズならば大変、キツイと思うことは少ないエクササイズですので、ぜひ試してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.