> >

必要な期間は1週間!ぽっこりおなかを解消し、メリハリボディを作り出す3ステップ

ウエスト痩せ

 

いよいよ夏も本格化してきて、肌を露出する機会は自然と増えてくるものです。
そんなこの時期になって焦ってダイエットし始めている女性も多いようです。

スポンサードリンク

 

 

食事制限ではボディメイクは厳しい

ムリヤリ食事制限すれば多少はスッキリしますが、ボディラインまではなかなか明確な変化は見られにくいですよね?

 
おなかのポッコリを無くしたいのに、胸や顔ばっかりが痩せこけてしまう・・・。
という悲鳴も聞こえてきます。
そこで今回は、たった1週間の集中おなかスッキリダイエットをご紹介します。

 

 

1週間あれば間に合います

多少ぽっちゃりしていたとしても、ウエストさえキュッと締まっていれば、女性らしいメリハリボディが作りやすいものです。
今からでも間に合います。早期に“ぽて腹”から卒業し、理想的なクビレを作っていきましょう!

 
ただ、間違った食事制限や正確でないエクササイズなどを行えば、「体重は減ったのにクビレができない!」とか「下腹がぽっこりしてしまう!」などのトラブルの原因になります。

 

 

正しいおなか痩せの基本3種!

では、正しいおなか痩せの方法とは、どのようなものがあるのでしょうか?

 
その答えは3つあります。

 

 

1、朝型生活に切り替える!

朝が苦手だという方は多いと思うのですが、午前中のうちにからだを動かすことで、日中の活動時間帯に代謝のよい状態で活動することができ、エネルギー消費のアップにつながります。

 
早朝のウォーキングがオススメですが、朝に選択や掃除などの家事をこなしてしまうのも有効です。

 

2、からだを冷やさないようにする!

アイスや冷房にあたってからだが冷えると代謝も低下してしまいます。するとからだは保温のために冷えたおなか周りに脂肪をつけようとします。

 
夏でも常温や温かい飲み物をとるように心がけましょう。

 

3、無理のない食事管理をする!

「無理のない」という言葉がポイントです。

 
「食べる量をカットする」「○○は食べない!」などとストイックに決めてしまいストレスが溜まってしまうのはかえってダイエット効果を下げてしまいます。

 
「プリンは金曜の夜にごほうびとして!」とするとか、
「食べすぎた日の翌日は少し抑えよう」とか、ストレスなく食事管理をすることがメリハリボディをつくる近道になります。

 

 

特別なことは何1つありません

できることから、できる範囲でコツコツ続けていくことで、リバウンドなどのリスクを軽減しながら効率的なダイエット生活を送ることができるようになります。

 
1つでもいいですから、チャレンジしてみることをオススメします。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.