> >

ウエストのS字カーブを作るトレーニング。食事制限ダイエットよりも効果アリ

ウエスト痩せ

 

キュッと引き締まったウエストライン、皆さん欲しくありませんか?
たるんだお腹では、ウエストラインが出てしまう様な服は、着たいと思っても着れません。
夏になって水着を着るなんて事になったら、あなたの腰周りは丸見え!

 
「こんなお腹、他人に見られたくない!痩せたい!」とお悩みのあなた。「とりあえず、痩せるために食事制限をして、ダイエットしよう」なんて思っていませんか?

 
それよりも、もっと効果的にウエストを細くする方法があるんですよ!その方法を、ここではご紹介しましょう。

スポンサードリンク

 

 

ウエストを細くするには『腹横筋』を鍛える!

腹筋や背筋なら知っていても、『腹横筋』をご存知の方は少ないんじゃないでしょうか?この筋肉を鍛える事によって、効果的にウエストを引き締めることができるんです。

 
この腹横筋とは、お腹周りをぐるっと包んでいるインナーマッスルの事を言います。インナーマッスルとは、腹筋の様な外側にある筋肉ではなく、もっと体の内側にある、普段見えない部分の筋肉の事です。

 
腹横筋は、その性質から、お腹周りをキュッと引き締めるコルセットの様な役目をしています。皮膚や脂肪を引っ張って支えるので、たるみが無くなって引き締まったボディが出来上がるのです。

 
また、この腹横筋はお腹の中にある内臓も支えています。この筋肉が衰えてくると、内臓の重みを支えきれなくなり、外側に出てしまいます。すると、お腹のラインも自然と太くなってしまうんです!ガリガリなのにお腹だけがポッコリと出てしまう人がいるのは、この筋肉が弱いからなんですね。

 

 

腹横筋、弱っていませんか?チェックしてみよう

この筋肉が弱っているかどうか、チェックできる簡単な方法があります。

1. 膝を立てて床に座り、両手を前に真っ直ぐ伸ばす

 
2. そのままゆっくりと、10秒数えながら後ろに体を倒していく。

途中でこらえきれずに倒れてしまった場合は、腹横筋がかなり弱っていると言えるでしょう。改善が必要です。

 

 

お腹ひっこめトレーニング

腹横筋を鍛えるには、お腹ひっこめトレーニングがとても有効です。
やり方としては

1. 呼吸を止めずにお腹をひっこめる

 
2. 左右のお腹の筋肉が固くなっている事を確認して、そのまま30秒キープ

 
3. これを1分の休憩おきに、3セット行う

たったこれだけです。お腹をひっこめるコツとしては、へその上の部分をへこますようにイメージすると、お腹全体がへこんでくれます。「こんなのトレーニングになるの?」と思うかもしれませんが、一度やってみると、お腹の筋肉が疲れるのがわかりますよ。

 

 

お腹ひっこめトレーニング応用編

上記のトレーニングのバージョンアップしたものがあります。やり方は

1. 手と膝を床につけ、背中を反らさず、お腹をひっこめる。

 
2. そのまま対角線上にある手足を上げる。地面と水平になる様に、真っ直ぐ上げるのがポイント。

 
3. このまま30秒キープ

 
4. 1分の休憩をして、逆の手足を上げてもう一度。

 
5. 合計2セット行う。

 
こっちの応用編は、ちょっときついので無理をしないでください。へたすると、腰を痛める可能性があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.