> >

知らないうちに腕ほっそり?!少しの工夫で二の腕痩せする方法


 
気が付いたらたっぷりと蓄えられていた二の腕の「贅肉」。
1日で突然ついた訳ではないですよね。
少しずつ贅肉が蓄積されていって、いつのまにか立派な「太腕」に……。

だったらこれからは、「いつの間にか二の腕が細くなってる」になればいいんです!

スポンサードリンク

 
毎日必ず行う習慣や行動にほんの少しの工夫をするだけで、それが可能になります。
では、いったいどんな習慣でしょうか?

 

腕の筋肉を積極的に使う工夫

その習慣のキーワードは「バッグ・カバン」。

いつも肩にかけている荷物の多いカバンを手で持ったら……と想像してみて下さい。
ずっと持っていたら重くて手が疲れますよね。ここがポイントです。

普段私たちは、気が付かない内に「腕が疲れないように」=「腕の筋肉を使わないように」行動しています。
だから、気が付いたら贅肉たっぷりの二の腕になってしまうのです。

だからといって、毎日腕立て伏せやキツイトレーニングを行うのもツライですよね。
だったら、毎日利用する「バッグ・カバン」を使って二の腕を引き締めましょう!

例えば……

道を歩いている時。
いつも、肩にかけているショルダーバッグを手に持つ。
人によっては、バッグが重くて手に持って歩くのは無理!という方もいらっしゃいますよね。
もしそうなら、もう一つ手に持てるバッグを用意して荷物を分散してみて下さい。

 

手の位置を後ろにずらして二の腕引き締め

腕は普通に伸ばしたままで大丈夫です。
この時の大事なポイントは持っている手の位置。
身体の真横ではなくほんの少し「後ろ」にずらす意識をすることで、二の腕の引き締め効果が抜群に発揮されます。
試しにやってみていただけたら、腕の後ろの部分の筋肉を使っていることを実感して頂けます。
この筋肉は普段の生活の中で意識しないとほとんど使わない筋肉。
でも、この筋肉を使うことができれば二の腕を徐々に引き締めていくことが可能です。

ちなみに肘を曲げれば、腕の前部分「力こぶ」ができる辺りの筋肉を使います。
二の腕を引き締めたいなら、腕の後ろの筋肉を意識しましょう!

 

左右の筋肉はバランス良く使う

そして、もう一つのポイントは逆の手に持ち替えること。
これは、一方だけの腕だけに負担が偏らないようにする為です。
左右の筋肉のバランスが崩れると肩こりや腰痛の原因となったり、「体のゆがみ」を引き起こしてカラダ全体に良くない影響を及ぼします。
私たちはどうしても利き腕で荷物を持ってしまいがちなので、ぜひ意識してみて下さいね。

ここでご説明したことを、毎日の通勤や通学の時、コンビニやスーパーで買い物をする時など、何か荷物を持つ場面があったらぜひ思い出してみて下さい。
「細い腕へチェンジ!」の習慣、ぜひ始めてみて下さいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.