> >

二の腕の老廃物を排出してたるみを解消!腕のリンパマッサージの方法


夏場になると気になるのが腕のたるみだと思います。
脚やお腹は隠せても、腕だけは寒くならなければ隠せない場所です。

スポンサードリンク

 
たとえ体のラインが細くても、手を振った時に腕のお肉が揺れてしまう人も多いのではないでしょうか?
特に二の腕は日常的に使わない筋肉なので、どうしてもたるみがち。
そんなぜい肉とお別れするためには、運動も必要ですが、運動ばかりに集中してしまうと、余計な筋肉がついてしまい、筋肉でゴツゴツしたたくましい腕に変わってしまうので、やりすぎてしまうのも良くありません。

 

リンパマッサージで腕スッキリ

そこでお勧めしたいのが腕のリンパマッサージです。
リンパ節は体中に張り巡らされていて、体の中の老廃物の処理を行う場所です。
この場所が滞っていると、体の中の老廃物が上手く処理されず、ダイエットをしても痩せない原因になります。

美しい腕を目指すには、このリンパ節のマッサージを行うことがとても大切なのです。

 

腕のリンパマッサージの方法1

その方法として、片腕を真っ直ぐ天井に向けて上げ、まず、脇の下を4本の指でゆっくりと5秒間押します。

次に、片腕は天井に向けて上げたまま、反対の手で上げた腕の手首をつかみ、手首から腕の内側を通り、脇の下まで少しだけ力を入れて撫で下ろしてください。
これを片腕づつ、5~6回行って下さい。

注意点として、必ず一方向に撫で下ろしてください。
往復するような撫で方をしてしまうと効果が減ってしまう
ので気を付けてください。

 

腕のリンパマッサージの方法2

次に同じ体勢で片腕を上げた状態から、腕を上げた側のウエストの高さに当たる側面を4本の指でゆっくりと5秒間押します。

その後、先ほどと同じように腕を上げている方の手首から反対側の手を使って撫で下ろします。
前の方法では脇の下まででしたが、今度はウエストの高さの部分まで、腕の内側を通って撫で下ろしてください。
これも片腕づつ5~6回行います。

腕の内側を撫で下ろす方法は脇の下まで、ウエストの高さの部分までと分けずに、一気にウエストの高さまでやってしまえばいいように思えますが、脇の下、ウエストの高さの部分を押す行動をした後、リンパの流れを良くするために行うので、まとめて撫で下ろすのは絶対にしないでください。

 

リンパマッサージの注意点

リンパは皮膚のすぐ下を通っているので、力強く押す必要はありませんが、皮下脂肪が多い場合は、少しだけ力を加えて行うと効果に期待ができます。

リンパマッサージを行うときは、マッサージクリームやオイルなどを使用し、滑りが良くなるようにしてから行って下さい。
また、体が温まったお風呂上りなどに行うのも効果的です。
気持ちの良さがポイントですので、強くやりすぎないように、一方向に行うようにして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.