> >

通勤中やオフィスでの隙間時間を有効活用!二の腕スッキリエクササイズ

エクササイズ
ちょっとした時間に腕痩せダイエットが出来ると、毎日のエクササイズのプラスになって良いなと思う方もいるかもしれません。

スポンサードリンク

 
そんな時にやっておきたい腕痩せダイエットを紹介したいと思います。

 

電車やバスの中でできる腕痩せエクササイズ

まずは、通勤中など、電車やバスに乗っている時に出来る腕痩せダイエットのエクササイズから。
まずは真っ直ぐ吊革の前に立ち、吊革に出来れば両手、難しければ片手でリング部分をしっかりと握ります。
そして、肘を曲げていき、脇を締めていくようなイメージで下に引っ張って下さい。

思い切り引っ張ってしまうと、吊革を壊してしまう可能性があるので、ゆっくり、2~3秒引っ張ったら止めるようにして下さい。
これを1駅の区間、5~10秒くらい、休み休み行うと効果的です。

全体重を使って引っ張るのではなく、少しだけ力を加えながら、脇を締めるように力を入れる程度で構いません。
また、揺れている車内ですので、周りの人に迷惑をかけないように注意しながら行って下さい。
完全に脇が締められる訳ではないので、脇を締めるイメージで行うことが大切です。

また、片腕だけで行う場合は、右腕を行ったら、次は左腕という様にバランスよく行って下さい。

 

デスク周りでできる腕痩せエクササイズ

次に会社などのデスク周りで出来るエクササイズです。
まず、デスクに座り、手のひらを上に向け、手の甲を机につけます。
脇をしっかりと締め、肩が動かないように、手の甲で机を下に押すように力を入れてください。
5秒力を入れて押したら力を緩めます。これを10~15回繰り返して下さい。

これは、両手で行って下さい。手を開いた状態でも、拳を握った状態で行ってもどちらでも構いません。
やりやすい方で行うようにして下さい。手の甲を机に押し付けるので、押し当てた部分が痛くなることもあるので、心配ならば、タオルなどをひいたり、パソコンのマウスパッドなど、少し弾力のあるものを手の下に引いて行っても問題ありません。

このエクササイズはしっかりと脇を締めて行うことがポイントです。
もし、手の甲が痛くなれば、毎日続ける必要はないので、出来るときに行うようにして下さい。

 

上腕二頭筋と上腕三頭筋の両方を鍛えて

どちらのエクササイズも力を入れた時に、力こぶの出来やすい、腕の表側、上腕二頭筋とその逆側の一般的に二の腕と言われる上腕三頭筋の両方の筋肉を鍛えることができます。
ふとした時に出来るエクササイズですが、あくまで、人に迷惑のかからないように行うようにして下さい。
公共の場を使う時には特に注意が必要です。
しかしながら、なかなか痩せにくい部分だからこそ、空いた時間を有効利用してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.