> >

タオル使って誰でもできる!二の腕を細くするための超簡単ストレッチ

セルライト
二の腕を細くするのに必要なのは、ダンベルを使ったエクササイズや腕立て伏せに限りません。
ストレッチをすることで、腕についた贅肉を改善して、引き締めることができるのだそうです。

スポンサードリンク

 
体を鍛えるよりも気軽にできて、肩や背中の筋肉の凝りも改善できるストレッチを、ぜひ今日から始めてみましょう!

 

二の腕を鍛えるのに、どのくらい時間がかかるの?

ぽっこりと出てしまった下腹を改善するのには、実はそこまで時間がかかりません。
もちろんリバウンドをしないようにするには、時間をかけて体を鍛えることも大事です。
ですが、食物繊維やビタミン、ミネラルなどを摂取して便秘体質を改善したり、プチ断食をすることで、短期間のうちに少しだけでもシャープに見せることは可能でしょう。
ですが、腕はそうはいきません。
コツコツ鍛えるしかない腕まわりは、スリムにするために時間が必要です。
しっかりとサイズダウンしたいのならば、およそ数ヵ月は要するという話もあります。

 

女性にとっては比較的引き締めやすい部位

とはいえ、二の腕を毎日しっかり鍛えている女性はそんなに多くはないでしょう。
つまり、鍛え始めてしまえば、引き締めやすい部位とも言えるのです。
また、二の腕のまわりだけでなく、ストレッチをすることで背中の周辺についたセルライトを退治することもできるのです!

 

ストレッチが腕痩せに有効な理由とは

でも、ストレッチで本当に腕がスリムになるの?と疑心暗鬼になっている方もいるかもしれません。
ですが、「腕のまわりの筋肉が凝ってカチカチ」「肩が上がらないほど筋肉が凝っている」ような人は、それだけ血液の巡りが悪くなっているのです。
ですから、ストレッチをすることで血の巡りが良くなり、新陳代謝もアップすることでしょう。
そうなると、体もむくみにくくなり、余計な水分や脂肪がつきにくくなります。
それだけストレッチは体にいいのです!

 

腕の筋肉と体を伸ばすストレッチ

このストレッチには、タオルを使います。
タオルの端を持ち、そのタオルがピンと張るように両手を広げましょう。
そして、膝立ちのポーズになります。
膝の下にマットかタオルを敷いておきましょう。

 
1. 背筋を伸ばし、タオルを持った手を上げます。
そのまま、息を吐きつつ体を真っ直ぐ伸ばしましょう。

 
2. 息を吐きながら、体を右に倒します。
二の腕のそばに耳が来るように意識しましょう。
3秒程度キープしたら、今度は左に体を倒し、同じようにします。
これを何回か繰り返して、体の側面の筋肉を伸ばしましょう。

 

腕の可動域を広げ、むくみを改善するストレッチ

こちらのストレッチもタオルを使います。
このストレッチは肩の関節を大きく使いますので、むくみを改善してくれることでしょう。
肩凝りが酷い方も、体をリラックスさせるのに役立つはずです。

1. 背筋を伸ばし、膝立ちになります。
タオルの端を手で持って、そのまま上に持ち上げます。
タオルを持ったまま、バンザイをするようなイメージです。

2. そのまま、タオルを持った腕をピンと張ったまま、後ろに向かってゆっくりと下ろしていきます。
背中に痛みを感じるなどしたら、無理をしないで、徐々にならしていきましょう。

3. できる方は、お尻のほうまで腕を下ろします。
タオルがたるまないように、キープすることを忘れずに!

4. 息を吸いつつ、またタオルを 2 と同じくらいの位置に戻します。

5. 最初の、タオルを頭上に上げている 1 のポーズに戻します。

6. 今度は、タオルを持った腕を伸ばしたまま、胸の前の位置に持ってきます。

7. 太ももの位置までタオルを伸ばします。
この時にも、油断してタオルをたるませないこと。

この動作を何回か繰り返しましょう。
こうすることで、だいぶ腕の関節が柔らかくなることでしょう!

 
腕の可動域を広げるためのストレッチは、有名なのでやったことがある方も多いかもしれません。
ゆっくりと腕を動かして、気持ちよく二の腕をスリムにしていきましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.