> >

規則正しい食事で血糖値を安定させて。夕食を減らすダイエットは成功法と言えます

夕食抜きダイエット

 

ダイエットというとご飯を我慢して運動するというイメージがありますよね。
ですが、それだと痩せてからご飯の量を戻し、運動を辞めてしまえばリバウンドしてしまいます。
そんな経験をした方も少なくないのではないでしょうか。

スポンサードリンク

 

 

運動の前に、毎日の食事を見直してみて

ダイエットをしようと思っている方、既にダイエットをしていてなかなか効果が出ない方、一度普段の食生活を見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

ダイエットの基本は、カロリーを制限すること

でも、頑張ってカロリーを制限して、甘いものも我慢して・・・とやっていても思いのほか効果が出ないなんてこと、ありますよね。
それはダイエットに適した食事の仕方をしていないからなんです。

 

 

ダイエットに大切なのは、まず規則正しい食事をすること

体の中の体内時計は休憩と活動を繰り返しているということを頭に入れておいてください。
休憩中に食事をしてしまうと太りやすいということなんです。
では、活動している時って一体いつなの?と思いますよね。

 

 

重要なの血糖値!

血糖値とは血液の中の糖の濃度の事なんですが、この血糖値が上がっているときは太りやすく、下がっているときは痩せやすいとされています。

血糖値が下がる時間は一日の中で大体決まっています。
朝6時から7時、お昼10時から11時、そして夕方16時から17時なんです。

この時間に食事をするような生活リズムを作っていけば、今と同じ食事をしていたとしても今よりぐっと痩せやすくなりますよ。

 

 

基本に立ち返って。夕食を減らすと痩せやすいのはなぜ?

夜ごはんを減らすと痩せやすくなるとよく聞きますが、あれはなぜだかご存知でしょうか。体はぶどう糖が減ると、脂肪を燃やそうと動き出します。
ぶどう糖とは主に炭水化物からの栄養素ですので、夜ごはんを少なめすると、自然と夜にぶどう糖が減りますよね。それにより、体が寝ている間も脂肪を燃やそうと頑張ってくれるんです。
また、夜は基礎代謝が落ちる時間帯にもなりますので、たくさん食べてしまうとその分夜に体に吸収されてしまいます。

 
朝ご飯をがっつり、夜ごはんは控えめに食べるということがダイエットに適した食事の方法だといえますね。

 

 

食事は抜けば抜くほどやせる?

ダイエットの為に食事を抜いているという話もよく耳にしますが、それもよくありません。
極端な食事制限を行うと、体が飢餓状態だと判断して、食事をとって際にいつもよりたくさん吸収しよう、今のうちに蓄えようとしてしまうんですよ。
正しい知識を身につけ、健康的できれいに痩せるダイエットをしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.