> >

炭水化物抜きダイエット中の方へ。パンを食べるなら低GI値のライ麦パンがオススメ

パン ダイエット

 

ダイエット中だって、食べたいという気持ちが抑えられなくなる時、ありますよね。
実は、ダイエット中だからといって、極端に食事を制限する必要はないということをご存知でしょうか?

スポンサードリンク

 

 

ドカ食いを防ぐためにも食事制限は適切に

極端な食事制限をすると、痩せにくい体を作ってしまうとともに、ストレスから、食べたいという衝動が爆発し、ドカ食い、そして結局ダイエット前よりも太ってしまった・・・そんな経験をしたことがある人。少なくないはずですよ。
バランスの良い食事を心がけることがダイエット成功への近道なんです。

 

 

避けたい食材は小麦粉

毎日の食事の中で、ダイエット中には控えておきたい、注意したい食材というものがあるんです。
ダイエットをする方は、ぜひこの食事に対する知識を持っていてもらいたいものです。
その食材は何かというと、小麦粉製品です。小麦粉製品ということは、パンやピザ、パスタ等があげられます。もちろん、お菓子類も含まれています。

 

 

小麦粉がダイエットに向いていない理由

ではなぜ小麦粉製品は気をつけなければならないのでしょう。
これらの小麦粉で出来たものを食べると体を冷やしてしまう原因となってしまうんです。そうなると、脂肪をどんどんため込んでしまいやすい体を作ってしまうことになります。
ダイエットをしているのに、食事で痩せづらい体を作ってしまっては元も子もありません。

 

炭水化物抜きダイエットを実践している方、大丈夫ですか?

よく、炭水化物を控えるダイエットをしている人がいますが、ご飯を食べない代わりに少しのパンをつまむ、お菓子を少しだけ食べる、こんなことをしていてはせっかく炭水化物を控えている意味がなくなってしまいます。

 

 

まずはパンをやめてみましょう

小麦粉製品の中でも特に注意したいのが菓子パンです。菓子パンが辞められない人、多いんですよ。心当たりのある方もいるのではないでしょうか。
ご飯を食べないかわりに菓子パンを一日一個だけ食べる、ランチは必ずパンを食べる、そんな人いませんか?
菓子パン2つと少しのジュースを飲むだけですぐに1000キロカロリーを越してしまいます。これなら、きちんと白米を食べるようにして、野菜が多めのバランスのよい食事を取っていた方がはるかにヘルシーでダイエット向きといえるでしょう。また、ご飯を食べる方が腹もちもよく、間食の誘惑に誘われにくくなります。

 

ショートニングのトランス脂肪酸に注意

パンやお菓子の原料の中に含まれているショートニングというものがあります。この中にはトランス脂肪酸という成分があり、これが脂肪をため込みやすい作用を持っていて、ダイエットには天敵なのです。

 

パンが食べたいときにはライ麦パンを

 それでもどうしてもパンが食べたいという人は、ライ麦パンを食べるといいです。
ライムギには食物繊維が豊富に含まれていて、なおかつGI値が低い食材です。パンの中ではダイエットに向いているといえます。
この知識をいかして、ぜひ、無理をせずにダイエットを成功させてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.