> >

ダイエットの敵「エモーショナル・イーティング」に対処する方法


 
「食べていないと落ち着かない」
「お腹が空いていないのに、つい食べ物に手が行ってしまう」
どうしても止められない食べグセ。
食事の時間じゃないのに、何か口に入れたくなってしまう……。
そんなことって誰にでもあるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

 
空腹じゃないのについ食べてしまう……そんな行為のことを「エモーショナル・イーティング」と呼びます。
エモーショナル・イーティングはダイエットにはもちろん大敵。
それだけでなく、食事のタイミングが狂って胃がもたれたり、体内時計に影響を及ぼすなど体の不調を引き起こしてしまいます。

「これって、もしかしてエモーショナル・イーティング?」
と思ったら、自己診断でチェックしてみましょう。

 

自分でできるエモーショナル・イーティング・チェック

●お腹が空いていないのに食べてしまう。
●無意識に食べ物に手が出る。
●甘いものや濃い味のものが突然食べたくなる。
●食べ過ぎていると頭でわかっていても、やめられない。
●食べた後、「またやってしまった……」と罪悪感にさいなまれる。

 
いかがでしたか?
これら全てエモーショナル・イーティングに共通する特徴です。
どれか一つでもあてはまるものがあれば、エモーショナル・イーティングということになります。

どうしてお腹が減っていないのに、食べてしまうのでしょうか?
その秘密は脳にありました。
食べたくなる欲求は脳がつかさどっています。
脳から物質が分泌される食欲に関する物質は、ドーパミンとセロトニンの2種類です。
食事を始めると、脳からドーパミンが分泌されて、食欲にスイッチが入ります。
一方、お腹が満たされるとセロトニンが分泌され、食欲が抑えられます。
ドーパミンには、ストレスを感じた時にも分泌される特徴があるんです。
やけ食いなど、食べることで憂さ晴らしをしたり、過食に走るのはこの脳のメカニズムによるところ。
ドーパミンの過剰分泌、セロトニンの不足などがエモーショナル・イーティングの引き金になってしまう、ということなんです。

 

エモーショナル・イーティングを防ぐ方法

1. 栄養を十分に摂る

普段ファスト・フードやコンビニで食事を済ます、という方。
またダイエット中の食生活も、エモーショナル・イーティングの原因のひとつです。
普段の食事が偏っていると、しっかり食べているようでも実は栄養不足。
不足している栄養をカラダ(脳)が要求している状態ともいえます。
手軽なおにぎりや麺類ばかり食べていませんか?
炭水化物はすぐにお腹が膨らみ、満足もしますが、食事はタンパク質やビタミン・ミネラルなどのバランスが大切です。

 

2. 食べる機会ごと断つ

人間は「しちゃいけない」と思えば思うほど、気になってつい行動に出てしまいがちです。
「食べちゃいけない」と思うと、よけいに食べたくなってしまうんですよね。
目のつく場所にお菓子などを置かない。
または買わない。食後は歯を磨く。といった物理的な強硬手段も有効ですよ。

 

3. エモーショナル・イーティングを習慣化しない

食後や間食タイムなど、毎日の時間帯の中で食べる習慣がついていると、お腹がすいていなくても食べてしまいます。
1日でも食べない日があれば、その習慣を断ち切ることは容易です。
思い切って今日はパス!と習慣を崩せば、無駄食べがなくなるかもしれません。

 

4. 時間をおいてみる

エモーショナル・イーティングは衝動的で、突発的なものです。
つい食べ物に手が伸びそうになったら、30分時間をおいて様子を見ましょう。
30分おいてまだ食欲がおさまらなかったら、エモーショナル・イーティングではないと判断します。

 

5. エモーショナル・イーティングを自覚する

「これは本当の空腹からくるものじゃないな」とエモーショナル・イーティングを自覚することは大切です。
食欲に流されるのではなく、客観的に自分の欲求を観察してみましょう。
そして「なぜ?」とギモンを持ちましょう。
なぜ今食べたくなるのか?
本当にお腹が空いているのか?
何かの理由があって、食べることで気を紛らわせようとしているのではないか?etc……。

また、エモーショナル・イーティングの記録を取って、傾向をつかむのも大いに役立ちます。
たとえば、エモーショナル・イーティングは月曜日に集中して訪れる、とか。
夜、寂しくなってから出てくる、とか。
月曜日に会議があるとか、子供の学校が始まるとか、エモーショナル・イーティングの引き金になるものがきっと見えてくるはずです。
見えてきたら、それがストレスの原因なので、解決策を見つけられればいいですね。

 

エモーショナル・イーティングをしてしまう理由

食べることは、一番手軽なストレス解消法ではないでしょうか。
さきほどセロトニンの役割を紹介しましたが、お腹が満たされると分泌されるセロトニンは、別名しあわせ物質とも呼ばれます。
気持ちを穏やかにさせる働きがあります。
気持ちが不安定だと、つい過食に走ってしまいますよね。
ストレスを始め、孤独感、不安、不満があると、エモーショナル・イーティングをしてしまいます。
ストレスが対人関係によるものなら、しばらく相手と距離を保ちましょう。
簡単すぎますが、深呼吸をするのも効果がありますよ。
呼吸が深くなると血圧が下がり気持ちが落ち着きます。
運動も、最良のストレス解消法です。
ウォーキングやジョギング、筋トレなど案外気持ちがすっきりして、晴れ晴れするものですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.