> >

見事大変身♪ハリウッドセレブ達が成功させたダイエット法まとめ

ダイエット失敗
 
ダイエットに悩んでいるのはあなただけではありません。
ハリウッドセレブ達もしかり。
激太りした所をパパラッチされたり、ゴシップ誌で騒がれたり。
常に人の関心を集める存在である彼女たち。

スポンサードリンク

 
いわば体が商品の彼女たちは、美にかけるお金も気合も一般人の比ではありません。
激太りからダイエットに成功して大変身を遂げるスターたちも少なくありませんよね。
そんなセレブたちがダイエットに成功し、見事なプロポーションをキープしている秘密を紹介します。

 

ジェシカ・シンプソン

自らプロデュースしたブランドが好評のジェシカ・シンプソン。
フットボール選手のパートナーとの間に2児の子供をもうけています。
妊娠・出産すると太りやすい体質のようで、激太りの姿がお馴染みになっていました。
しかし、見事ダイエットに成功し、太る前の体型を披露しています。

ジェシカの場合は、毎日のウォーキングが功を奏したようです。
1日8千~1万歩歩くというからすごいですね。
歩くことは全身運動ですし、代表的な有酸素運動ですよね。
また、週3日45分間の筋トレも欠かさないとか。
筋トレは毎日するより2日ほど中日をもうけたほうが効果があると言います。
最小の労力で最大の効果を上げる筋トレのテクニックです。

 

クリスティーナ・アギレラ

離婚後急激に太り、映画「バーレスク」の歌姫の姿はどこへやら、まるで別人のようになっていたクリスティーナ・アギレラ。
ゴシップ誌にも「デブ」と書かれていた彼女でしたが、14キロの減量に成功して現役で活躍しています。

セレブレティは個人トレーナーがつき、体重管理やエクササイズのメニューなど全て手とり足とりお任せが一般的ですよね。
クリスティーナ・アギレラの場合は、劇的な変身を遂げたものの、特に個人トレーナーをつけて運動していたわけではないそうです。
愛息と一緒に遊んでいるうちにやせていったのだそう。

また、食生活の改善とレイキ(霊気)がダイエットの役に立ったと言っています。
レイキはフィットネスというよりセラピーに近いので、直接のダイエット効果はないかもしれません。
でもストレスが解消されるとやせられるという証拠ですね。

 

ジェニー・ガース

90年代の海外ドラマといえば「ビバリーヒルズ高校/青春白書」。
主要人物の一人ケリー役だったジェニー・ガース。
実生活では3人の女の子のお母さんですが、13キロの減量に成功しスリムな体型を維持しています。

ダイエットの秘訣は、週3日個人トレーナーを呼び筋トレに励んでいること。
今まで何度も新しいダイエットに挑戦しては、失敗しリバウンドを繰り返していたとか。
糖質オフダイエットも、デトックスも、彼女には効かなかった、と言います。

そんな彼女のスリムでいるポイントは健康的でいること。
確かに極端な食事制限はツライだけですし、それが反動で太ってしまうのも仕方ありません。
彼女曰く、毎日体重計に乗ることはとても大切なんだとか。
1キロ太ったぐらいなら許容範囲、でも2、3キロ太ったら「何とかしなきゃ!」とスイッチが入るのだそうです。
また、彼女はあまり座らないそうですが、こまめに動く人って確かにスリムな人が多いですよね。

 

メリッサ・ジョーン・ハート

人気高校生魔女ドラマ「サブリナ」に主演していたメリッサ・ジョーン・ハート。
実生活では3人の男の子のお母さんです。
三男を出産後、20キロ体重を落としました。
Nutrissystemというダイエット食品会社と契約し、広告塔となったのも大きく影響しているのではないでしょうか。
日本でもダイエット関連の会社やエステサロン等とタイアップして、ダイエットするセレブや芸能人は多いですね。

また、メリッサの場合は友人や夫を巻き込んで、ウォーキングやエクササイズに励んでいたそうです。
仲間がいると辛くても続けられますし、しゃべりながら歩いたりエクササイズするのは消費カロリーが増えていいそうですよ。

 

キム・カルダシアン

リアリティ番組の女王といえばキム・カルダシアン。
出産後あっというまに体重を落とし、妊娠前の見事なプロポーションを披露しています。
キムが行ったのはアトキンズ・ダイエット。
アトキンズ・ダイエットは元祖低糖質ダイエットですね。
アメリカでは一時大ブームとなり、アメリカ人の7人に1人はアトキンズ・ダイエットを行ったことがあるとか。
でもキムはアトキンズの食材だけではつらいので、チート・デイを組み合わせながら続けたそうです。

チート・デイとは1日だけ好きなものを好きなだけ食べるというもの。
ダイエット中はエネルギー摂取が減るので、体が飢餓モードに陥りやせにくくなります。
それを防ぐために「思いっきり食べる日」をもうけて効率的にやせる、というものがチート・デイ。
つらいダイエットのやる気をキープする上でも効果を発揮するチート・デイですが、医師に言わせると1日1回チートするほうが効果があるとか。
例えば、1日1個好きなものを食べる、など、小単位でのチートが効くのだそうですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.