> >

汗をかくと痩せられる??「ダイエットの常識」のウソとホント

単一ダイエットではやせない、ってホント?

ダイエット失敗
 
ゆで卵、りんご、豆腐……など、○○だけ食べてやせる、というダイエット法は、昔からありますよね。
自分もやったことがある、周りがやっていた、という人もいるのでは?
芸能人が実際にやって○キロやせた!と聞くと、やってみようかな、という気にもなります。

スポンサードリンク

 
単一の物しか食べないダイエットをすると、確かにやせます。
りんごダイエットを2週間続けて5キロ減った、という人がいます。
でも、続けているうちに体調が悪くなり、断念せざるを得なかったとか……。
単一ダイエットは、確かに体重が落ちますが、体がだるくなったり、冷えたり、肌が荒れたり……というトラブルももたらします。
そして、過激な食事制限によるダイエットは、リバウンドする確率も高くなる、ということを忘れないでくださいね。

ダイエットの基本は消費カロリーが摂取カロリーを上回ること。
でもカロリーを消費するためには、燃料となる炭水化物や熱をつくるタンパク質は必須です。
ダイエット→食べない、と安易に食事制限に走るのではなく、しっかり食べて運動でやせる、という方法が遠回りのようで実は確実な方法ですよ。

 

寝るとやせるってホント?

ダイエットと睡眠には密接な関係があります。
睡眠不足の人は太りやすい、というのを聞いたことはありませんか?
アメリカの実験で、睡眠時間が4時間の人と7時間の人のグループに分けたところ、睡眠時間が4時間のグループのほうが、7時間のグループに比べ75%も肥満の割合が高かったとか。

人は、寝ている間にホルモンの分泌がさかんになります。
食欲を抑制して代謝を活発にする、いわゆる「やせホルモン」は、寝ている間に分泌されるため、睡眠を十分に取っている人は太りにくい体質になるということ。
逆に、睡眠不足だと食欲を増進して血糖値を上げるホルモンが分泌されて、肥満になりやすいんです。

夜更かしをしていて空腹を感じたことはありませんか?
起きている時間が長いと、つい食べ物に手が伸びてしまう……ということもあります。
しっかり睡眠をとることが、ダイエットの成功を握るカギといえますね。

 

汗をかくとやせるのはウソ?

サウナや岩盤浴で大量に汗をかいたら、やせたような気がします。
温かい部屋で行うホット・ヨガも、汗をダラダラかいてやせそうですね。
実際体重を計ったら0.5キロ減って「やったー!」ということもあります。
短時間で体重が落ちてくれたら嬉しいですよね。

じゃあ、とにかく汗をかけばやせる、っていうこと?
いえ、そうではありません。汗をかいてやせる、というのは間違いです。
汗をかいたからといって体がやせるわけではありません。
実際に体重が減るのは、体の水分が失われたことによるもの。
その後水を飲めば、また体重は元に戻ります。
やせるには、体脂肪を燃やすこと、それにつきます。

「でも汗をかいた後体重計にのったら体脂肪も減ったけど?」

汗をかいた後、体重計に乗ると、体脂肪の数値も減ることがあります。
これは体重計のシステムで、生体電気インピーダンス法というシステムによる数字のぶれです。
この方法では、発汗後は一時的に体脂肪の数字が低くなるようです。
体重計の説明書にも、運動後や入浴後の測定は避けるように書かれているのではないでしょうか。

たっぷり汗をかいた後体重計に乗っても、その数字はあまり信用できない、ということなんです。
残念ながらやせたわけではありませんので、体重計にだまされないでくださいね。

 

水を飲んでも太るはウソ?

太りやすい体質で、水を飲んでも太っちゃう……。
水太り、と言う言葉を聞いたことはありませんか?
水を飲んで太るようなイメージですが、水はゼロカロリー。
カロリーのない水を飲んで太ることってあるんでしょうか?

答えはノーで、水を飲んで太ることはありません。
よく、美容の秘訣で「毎日2リットルの水を飲む」というのがありますね。
モデルさんも「毎日水を2リットル飲むようにしています」とよく言っています。
人間の体は汗や尿で常に水分が失われています。
その量は1日2リットル以上にも及びます。
そのため、水を飲むことはとても大切で、水分が不足すると便秘などに悩まされたり、ひどい時は熱中症や脱水症状などのリスクも生じます。

「水を飲んでも太る」という水太り体質の方は、太っているのではなく体に水分がたまりやすいタイプ。
体内循環を促すと、むくみがとれてすっきりするはずです。
こんなことはありませんか?

 
○仕事は同じ姿勢を続けるデスクワーク
○運動をあまりしない
○冷え性である
○おふろはシャワーで簡単にすます
○補正下着など、体を締め付ける衣服をつけている

 
まずは体を動かしたり、お湯に入るようにして血液の循環を促しましょう。
歩くこともむくみにはよく、足の筋肉がポンプになり全身に血が行きわたります。
椅子に座って太ももを上げ下げするだけでもOK。
水分不足だと体がますます水を貯めこもうとするので、水分はしっかり摂るようにしてくださいね。
塩分の摂り過ぎもむくみやすくなるのでNGですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.