> >

リバウンド、胸から痩せる…ダイエットのお悩み解決Q&A!!

悩み1:ダイットしてもリバウンドしてしまう


 
せっかく目標体重に到達しても、ダイエットやめた途端また前の体重に戻った。
前よりも太ってしまった!
そんなことって、よくありますよね。
ダイエット本を出しても、結局また元に戻っている芸能人も少なくありません。

スポンサードリンク

 
リバウンドしてしまう要因は、食事制限によるダイエットです。
ダイエットといえば、食事の量を減らしたり、カロリー制限する人がほとんどですね。
でも、それだけだと体が太りやすくなり、リバウンドを招いてしまいます。

人間には本来、環境に適した体になるための適応能力が備わっています。
食べる量が減ると、少量のエネルギーでも生きていけるように、消費を減らし、吸収・蓄積を増やそうとします。
脂肪を貯め込みやすいカラダになってしまう、というわけなんです。

太りやすくなった状態で、「体重が減ったから普段通り食べていい!」と食事を以前の量に戻すと、どうなるかわかりますよね?
やせたから甘いものも解禁~♪と調子に乗ってしまうと、火に油を注ぐ結果に……。

リバウンドしないためには、バランスのとれた食事をしっかりとり、筋トレや有酸素運動で消費するようにしましょう。
筋肉を増やして太りにくいカラダを作ることが成功の秘訣です。
急激にやせるとリバウンドは必然でしょう。
体重を落とすことだけにとらわれるのではなく、長い期間をかけてやせるようにしましょう。
1ヶ月に1キロが目安です。

 

悩み2:胸からやせていく!ただでさえ小さい胸がなくなってしまう

ダイエットでやせると、体の脂肪の多い部分が目に見えてやせていきます。
胸は他の部位に比べて温度が高く、燃えやすいと言うのがその理由のようです。
特に、ジョギングや縄跳びなど胸が揺れる運動は、胸が小さくなってしまいます。
また、激しい動きで胸の重みを支えているクーパー靭帯がのびたり切れたりすることがあるので要注意です。

クーパー靭帯は、一度のびたり切れると元には戻らず、胸の弾力がなくなってしまいます。
エクササイズの時は必ずサポート力の強いスポーツブラをつけて、胸の形が崩れないようにしましょう。
また、大胸筋という胸の土台の筋肉を鍛える運動も有効です。
腕立て伏せで鍛えることができますよ。

食事制限だけのダイエットは胸のお肉が落ちやすいので、運動を取り入れつつ、バストアップの体操も組み込みましょう。
胸のボリュームをキープしつつ、キレイやせを目指しましょうね。

 

悩み3:お酒が大好き。ダイエット中でもお酒は飲みたい。

「飲み会もあるし、お酒なしは考えられない」

お酒は意外とカロリーが高く、ほとんどが糖質なので、ダイエットには大敵。
でも、ガマンし過ぎてストレスを感じるよりは飲んだほうがいいでしょう。
仕事の付き合いということもあります。
ダイエット中でも、自分へのごほうびとして飲むのは許容範囲です。

ちなみによく飲むお酒のカロリーランキングはコチラ↓

 
1位 ビール(中ジョッキ500ml)202キロカロリー
2位 日本酒(1合) 185キロカロリー
3位 ジントニック 178キロカロリー
4位 カルーアミルク 178キロカロリー
5位 焼酎水割り 126キロカロリー
6位 ハイボール 102キロカロリー
7位 梅酒ロック 97キロカロリー
8位 ワイン(赤・白・ロゼ)85キロカロリー
9位 ウイスキー 75キロカロリー
10位 ブランデー 69キロカロリー

 
太らないお酒の上手な飲み方は、何より飲みすぎないこと。
場を楽しみながら、味わうようにゆっくり飲みましょう。
「生ビールの中ジョッキは、盛り上がるとおかわりして何杯もいってしまう」という人もいるのではないでしょうか?
5杯も飲むとビールだけで1,000キロカロリー、一日の摂取カロリーの半分以上です。
ビール腹とはよくいったもので、ビールはダントツでカロリーが高いことを認識しておきましょう。

また、お酒を飲むと食が進むのは何故でしょうか。
それは、肝臓がアルコール分解に糖を大量に消費するから。
血中の糖度が落ち、脳は「空腹だ」と認識してしまうことによります。
いわば、脳からの間違った情報なので、素直に食欲に従うのはNGです。
間違っても、ラーメンや、甘いもので締めるのはやめてくださいね。

 

悩み4:残業が多くて夕食が遅くなり太ってしまう

ダイエットのためには、寝る4時間前から何も口にしないことが理想。
人間には体内時計があることはもうご存知ですよね。
夜10時~2時頃には、BMAL1(ビーマルワン)という物質が活発になり、脂肪を蓄積しようとします。
つまり、遅い時間に夕食を食べると消費されず脂肪になる、というわけ。

夜が遅くなる方は、間食を摂るようにしましょう。
昼食から8~9時頃の夕食まで何も食べないと、約8時間以上お腹は空っぽの状態ですね。
その状態で夕食にドカ食いしてしまうと、一気に太ります。
それを防ぐためにも、間食におにぎりやパンなどの間食を摂りましょう。

↓遅い夕食の理想のメニューはこんな感じです。

主食:おかゆ
おかず:サラダや煮物など野菜中心のおかず
または
煮込みうどん、野菜そばなどの麺類

消化が良く、汁物で満腹感を得やすいメニューです。
また、キノコや海藻を多めにとり、脂肪の吸収を防ぐのもいいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.