> >

常識破り!チョコレートとケーキでダイエットする方法?!

カロリー計算ダイエット
 
ダイエット中だからと好きなものをガマンしていませんか?
実は大好きなスイーツを食べながらダイエットできる方法があるんです。
常識を破るお驚きのダイエット法とは?

スポンサードリンク

 

チョコレートダイエットのやり方

甘くて太るから……と、ダイエット中は敬遠されがちなチョコレート。
実はチョコレートはダイエットの強い味方なんですよ。
秘密は、チョコレートの選び方とタイミングにありました。

●カカオ含有70%以上のチョコレートを1日50g(板チョコ半分)を目安に食べる。
●血糖値の急上昇を防ぐため、食後に食べる。

 

チョコレートがダイエットにいい理由

チョコレートには美容やダイエットに効く成分が豊富に含まれています。
適度に食べるとチョコレートは立派な健康食品なんです。
揚げ物やファストフード、ケーキが大好き!というあなたへ。
チョコレートには脂肪分解酵素であるリパーゼの働きを抑える成分が含まれています。
ダイエットサプリには、脂質の吸収を抑える「ブロック系サプリ」がありますが、それと同じメカニズムがチョコレートにはあるんです。
脂っこいものやよく食べる人は要チェックですね。

 

ポリフェノールで体のサビをストップ

チョコレートにはエピロデンというポリフェノールが含まれています。
ポリフェノールは赤ワインなどでおなじみですが、抗酸化作用を持ち体のサビつきを防いでくれます。
エイジングケアが気になる方には嬉しい効果ですね。

チョコレートには脂肪が含まれていますが、実はこれは体にいい脂肪。
ステアリン酸やオレイン酸といって、体に必要な種類の脂質です。
動脈硬化や心疾患を予防してくれる働きがあります。
仕事や勉強疲れに、チョコレートをかじって気分転換をしたことはありませんか?
チョコレートには集中力や記憶力を高めたり、疲労回復の効果もあるんです。
もはやジャンクフードとは呼べない、立派な健康食品ですね。

 

もう我慢しなくてもいい!ケーキダイエットとは?

ダイエット中だからとケーキ断ちしている人は多いと思います。
でも「ケーキダイエット」なるものが存在するって知っていますか?
イギリスのファッションライター実践したこのケーキダイエット。
10週間で9.5キロの減量に成功しました。
参考にされたのは、なんとあのマリー・アントワネットの食事だとか。

マリー・アントワネットは子供を4人産んだにもかかわらず、ウエストは58㎝をキープしていたそうです。
その秘密は18世紀の宮廷食生活にありました。
マリー・アントワネットの食事は以下のようなものでした。

 
●朝:ケーキは朝に食べる

朝は代謝が高いので、ケーキを食べても消費されやすいんです。
朝食でとったエネルギーは、1日の活動中でほとんど使われますよね。
また、「ケーキを食べた」という充足感が、ダイエットのストレスを軽減してくれます。
ダイエット中でも食べる楽しみというのは失いたくありませんよね。

 
●昼:低GI食品を意識して、しっかり食べる

人間の体は午後は消費モードです。
代謝も活発なので、昼にしっかり食べてもダイエットにはほとんど影響はありません。
また、血糖値がゆるやかに落ちて行く玄米やさつまいもなどの低GI食品で、間食を防ぐことができます。

 
●夜:スープのみ

マリー・アントワネット始め当時のフランスの宮廷食は、夜は軽くスープで済ませていたのだとか。
鶏・子羊・牛の骨をじっくり煮込み、野菜やハーブを加えたスープは1食100キロカロリーちょっと。
ですが、肉と野菜の栄養素がギュッとつまった美容と健康にピッタリのメニューと言えます。
スープはすぐにお腹がいっぱいになる上、腹持ちがいいですよね。
夜は体が吸収モードになっているので、軽い食事で済ませるのは理にかなった方法です。

 

太りにくいケーキを適度に食べる!

いくらケーキダイエットだからといえって、好きなだけケーキが食べられるわけではありません。
実戦したイギリスのファッションライター曰く、1日1切れ(75g)に抑えるのがベストだとか。
動物性油脂がたっぷり使われた生クリームケーキやバタークリームケーキ、チーズケーキは高カロリーなので避けたほうがいいでしょう。
食べるならシンプルなシフォンケーキや、かさが大きいわりには中身が少ないチーズスフレやシュークリームがおすすめです。
また、野菜や果物、ナッツ類を使ったケーキは食物繊維も一緒に摂れて満足感があり、ヘルシーです。

 

ケーキ分は他の食事や運動で消費して

でもケーキを食べた分間食をなくしたり、エクササイズをするなど、他の部分で調整することを忘れないでくださいね。

ダイエットで一番挫折しやすいのは、我慢したりストレスを感じること。
特に食事で我慢すると、後の反動が大きく、リバウンドの原因にもなります。
大好きなものをガマンするなら、思い切って食べてしまったほうが、精神衛生上ベターです。
100キロカロリーぐらいなら、30分のウォーキングで消化できます。
ちょっと帰り道に寄り道して、多めに歩けばいいですよね。

ダイエットは何より継続が肝心です。
楽しく無理なくキレイになりましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.