> >

目の錯覚を利用する着痩せコーデ術で気になる体型をカバーするワザ


 
ダイエットしていてもなかなか成果が現れないときってありますよね。
そんなときは着やせコーデをマスターして、おしゃれを楽しんでみませんか。
周りに必ず一人はいませんか? 着やせするタイプの人。
薄着になるとそのギャップに驚かされてしまいます。
着やせして見せるポイントを押さえて、ファッショナブルに過ごしましょう。

スポンサードリンク

 

ポイント(1) 色の効果を使う

着やせは全て目の錯覚を利用しています。
色や柄、組み合わせを駆使して、魔法を作る―――。
といえば大げさですが、色にはそれぞれが持つ効果があります。
その効果によって分かれているグループがこちらです。

膨張色:明るい色、淡い色(パステルカラー)暖色系
収縮色:濃い色、暗い色、寒色系、黒
進出色:赤やオレンジなど前に進出してくるような明るい色
後退色:青や青緑など後退しているように見える色

 
膨張色、進出色ともほぼ同じ意味で、暖色系の色の仲間になります。
実際より広がって見えるので、気になる部分に使うのは控えたい色です。
収縮色・後退色もほぼ同じで、青や緑などの寒色系の仲間です。
カバーしたい部分に使うと、引き締まって見える効果があります。

「だったら、全身寒色系で統一したら細く見えるんじゃないの?」
って思いますよね。
やせて見えたいからといって、全体を同じ色調にまとめてしまうよりも、色の組み合わせを利用しましょう。
他の色を組み合わせることで、より効果的に細く見せることができます。

例えば、紺+緑の組み合わせより、紺+白のほうが紺がより引き締まって見える、ということ。
お腹をすっきり見せたいなら、トップに収縮色、ボトムに膨張色を合わせるとメリハリがきき上半身をすっきり見せることができますよね。
膨張色をいかに上手に使うかが着やせテクニックのワザになります。

柄物も広がって見えるため、使う時は気をつけたいアイテム。
ただし細かい柄や色が濃いもの、トーンが収縮色で落ち着いたものなら気になる部分に使ってもOK。
足の太さが気になるなら、濃い色のドット柄やアニマル柄のレギンスなど試してみてはいかがでしょうか?

 

ポイント(2) ストライプを使いこなす

ストライプは人気のアイテムですし、1着は欲しいと思っている人もいるのではないでしょうか?
しかし使い方によって細く見せることができたり、残念な結果になってしまったり……。

 

ストライプの上手な使い方とは?

普段着におでかけにと重宝しそうなボーダー柄ですが、横のストライプは広がって見えるので、着方に注意したいところ。

stripe

下半身をカバーしたい人はボーダーシャツの下に濃い色のボトム(ジーンズやレギンス)を合わせると、バランスのいい着やせコーデに。
ボーダーも細かいものでなく太目なら膨張も抑えられてスタイリッシュ。

borderline

同じストライプでも、縦縞は細く見せてくれるのでフル活用したいところ。
縦のラインというのは実際より長く見せてくれる効果があります。
タイトスカートなら脚長効果もあります。
ストライプに限らずセンタープレスやサイドにラインが入ってるなど、縦のラインを強調するアクセントがあれば足を長く見せてくれます。

 

ポイント(3) アクセントの使い方

着やせコーデのもうひとつのポイントは、気になる部位から視線を遠ざけるということ。

 

下半身が太い人

⇒上半身にアクセントを持ってきて目線を高い位置に。

フリルや大柄プリントなど、ボリューム感のあるものや、目線がいくものを上半身に選びましょう。
小物使いもこの考え方で、目線を集中させる役目を果たします。
コサージュやストールを使ってトップを華やかに演出しましょう。

 

お腹をカバーしたい

⇒ウエストを強調させましょう。

お腹を隠すためにチュニックやレイヤードスタイルでごまかしていませんか?
実は、ベルトなどでウエストの位置を強調させたほうがくびれが強調されてファッショナブル。
濃い色のベルトや、ハードなスタイルが苦手な方はサッシュベルトや細めのベルトがおすすめです。
着やせコーデのもう一つのポイントは太い部分を隠し、細い部分を強調すること。

 

太い二の腕を隠したい

⇒中途半端な袖丈は二の腕の太さが目立ってしまうので注意しましょう。

arm1arm2

二の腕をカバーしたいなら太い部分で終わる袖丈は、太さがさらに強調されてしまいNGです。
七分丈など、手首の細さが強調されるコーデで女性らしさもアップです。

 

首回りが太い

⇒首回りをすっきり見せたいならカシュクールタイプがおすすめ。

デコルテがすっきり見えて、大人の女性の魅力が際立つアイテムですね。

 

間違ってない?残念な体型カバーコーデ

ありがちなコーデとして、体型を隠すためにワンサイズ大きな服を着ている人がいますが、これは逆効果です。
オーバーサイズはさらに太って見えてしまいますよ。
自分の体に合ったサイズを着るほうが、すっきりして着やせするものです。

また、締まって見えるからと全身黒一色、や黒っぽい服ばかりというパターンになっていませんか?
全身黒で統一してしまうと残念な結果になってしまいます。
白いトップと合わせたり、淡い色を一カ所持ってくると、バランスがよくなりさらに引き締め効果が狙えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.