> >

腸内フローラを改善して痩せ体質に!肥満の原因は腸内環境にあった

ダイエット成功
 
ダイエットをがんばってるのに、全然やせない……。
私ってもしかして肥満体質?
そんなことを感じたことはありませんか?
最近の研究で、太るかどうかは腸内環境が大きく関係していることがわかりました。
人間のあらゆることを決定している腸内フローラとは?

スポンサードリンク

 

実験で明らかになった腸内フローラ

人間の体には9000兆以上の微生物が住み、その種類は1,000種類にも及ぶとか。
重さにして1~1.5キロ、大きなペットボトル(1.5L)1本弱の量になります。
そう思ったらちょっとスゴイですね。

腸内では腸内細菌叢(そう)、またの名を腸内フローラという細菌組織が活動しています。
この腸内フローラが、人の肥満や糖尿病を決定するだけでなく肌のシワやアレルギーなどの皮膚疾患、うつ病などの脳や神経系、またガンにも影響を与えていることがわかってきました。

それはある実験で明確になりました。
双子の姉妹で、一人が肥満、一人がやせている子供の腸内細菌をそれぞれのマウスにうえつけます。
同じエサを2匹のマウスに与えたところ、太っている子供の腸内細菌を持っているマウスだけが太っていきました。
食事や環境が同じでも、腸内環境によって肥満かどうかが決まる、ということがわかりました。
肥満マウスのグループで、やせ細菌を移植したマウスと肥満細菌を移植したマウス両方を一緒に住まわせます。
そうすると、エサの内容で両者にはっきり違いがでました。
マウスはフンを食べるので、一緒に住むと腸内環境がお互い影響し合います。
しかし、食物繊維が豊富な健康的なエサを与えた時、やせ細菌を持つマウスのグループだけがやせていったのです。
逆に脂肪の多い太りやすいエサを与えた時は、両者に変化は現れませんでした。
つまり、ダイエットのカギを握るのは、腸内環境の次に食べる物ということが言えそうです。

 

ファストフードやダイエット飲料は腸内環境を悪くする

ファストフードのような高脂肪高カロリーの食品をよく食べるという人は要注意です。
脂っこいものや甘いものを食べ過ぎると、腸内の細菌たちが毒素を作り出します。
腸内細菌は免疫力を備えており、作りだされた毒素に対して反応します。
危険モードに入った腸内は、万が一のときに備えてエネルギーを貯めこもうとします。
また、満腹になったという脳からの信号がうまく伝達しなくなり、どんどん食べてしまい太りやすくなってしまいます。

ゼロカロリーのジュースや炭酸飲料も、腸内フローラに悪影響を与えるといわれています。
風邪や化膿止めなどでもらう抗生物質も、腸内環境にはよくありません。
抗生物質はウィルスを殺すだけでなく腸内の細菌も一網打尽で殺してしまう、って知っていますか?
もちろん善玉菌も殺してしまうので、長期間の服用は気をつけるようにしましょう。

 

肥満菌の働きを抑えてやせる腸へ

ではどうすれば肥満菌の影響を受けず、腸内をやせモードへ変えることができるのでしょう?
さきほどのマウスのように、食べるものが大変重要な役割を果たします。
腸内環境を整えるには、乳酸菌などの発酵食品が王道です。
乳酸菌のような善玉菌と呼ばれる菌は、腸内で消化吸収を助けるばかりでなく、免疫力もアップしてくれます。
ヨーグルトを毎日食べるようになってから、風邪を引かなくなった。
という話は聞いたことがあるのでは?

また、善玉菌は腸のぜん動運動を助けるため、便秘によるお腹ポッコリも解消できます。
一方悪玉菌は炎症を起こしたり、発がん性物質を発生させます。
タンパク質を好むので、お肉が大好きという人は腸内が悪玉菌よりになっているかも?

 

腸内環境って変えられるの?

先ほどのマウスの場合は、食べるものによってやせた、という結果が出ました。
腸内フローラのエサのため、良質の食事を心掛けるようにするとやせる腸内環境に変えることができる、というわけ。
それには、過剰なタンパク質や脂質を抑え、食物繊維の多い野菜中心の食事を心掛けること。
また、善玉菌を増やすヨーグルトなどの発酵食品も有効です。

その腸内環境ですが、食事内容を変えただけで、わずか1日で変わるのだとか。
しかし、最近のダイエットで定番の低炭水化物ダイエットは、腸内フローラにいい影響を及ぼさないそうですよ。
やせ腸内を目指すなら、乳酸菌と食物繊維は積極的に摂りたいアイテムですね。

 

イソフラボンも腸内環境に左右される

美肌やつややかな髪を作る女性ホルモン。
知っていましたか? 女性ホルモンはダイエットにも有効ということ。
女性のカラダを太りにくくしているのが女性ホルモンですが、イソフラボンが似たような働きをするのはご存知ですよね。
そのイソフラボンも、腸内環境によってちゃんと吸収できるかそうでないかが決まるそうです。

その名もスーパーイソフラボン「エクオール」。
エクオールが作れるかどうかは、その人の腸内フローラにかかっている、ということ。
このエクオールが作れている人は、日本人の二人に一人だとか。
例え作ることができる腸内でなくても、上記のように食品で改善へ導くことが可能です。

最後に、腸内フローラに悪影響を与えるのがストレス。
ストレスで腸内環境のバランスが崩れた体は、修復に約1週間は要するのだとか。
腸内をやせ環境にするため、今日からやせ細菌を育てる食習慣を始めましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.