> >

10歳損する背中の贅肉…憎き脂肪の原因を知ることこそ美背中への序章

水着姿の女性の後ろ姿
 
人の目は前に向いていて、鏡などの道具を使わずに自分自身の背中を見ることはできません。
自分は見えなくても人からは目につきやすい場所であるとともに、年齢を表しやすい場所ともいえます。

スポンサードリンク

 
あるテレビ番組の調査で背中の肉の付き具合で10歳から20歳も老けてみえたという結果が出ました。
寒い季節はいいのですが、だんだん温かくなり薄着の季節になると背中の厚みが残念ながらこの結果のように老けた印象になってしまいます。

人間のいろいろな印象を決めるのは「背中」だったり、「後姿」だったりします。

 

背中に脂肪がつく理由

ではなぜ背中に脂肪はつくのでしょうか?
一言で言えば、背中の筋肉は普段の生活では使われにくい場所だからです。
そのため筋肉が衰えて脂肪になってしまうというわけです。
つまり背中の筋肉を鍛えることできれいで魅力的な背中を取り戻すことができるのです。
そして背中がきれいになれば背中のS字カーブが整えられて魅力的な立ち方を手に入れることもできます。

女性にとってダイエットは必要不可欠な言葉です。
ほとんどの女性がなにかしらのダイエットを試みたことがあると思います。
しかし偏った方法でダイエットしたとしてもきれいになれなければなんの意味もありません。
また年齢によって体型は変わってしまいますし、太ってしまう原因も年齢だけでは無く人それぞれです。

ではその原因ですが、大きくわけると2種類あるといわれています。

1、 加齢
2、 猫背などの姿勢の悪さ

です。

ではそれぞれの原因についてみてみましょう。
原因を知ることで対策が見えてきます。

 

加齢

人は加齢によって筋力が衰えていきます。
ある整形外科の医者は「中学生をピークに後は筋肉は下降のみ」といっていました。
もちろん運動やエクササイズをされている方は例外かもしれません。
しかしほとんどの方々は筋力が低下する傾向があるのです。

また加齢によって皮膚自体も緩んできます。
若い頃よりお肌のハリが少なくなっていきます。
体型が細めの方でも背中の肉がたるんできたというのはよく見られることです。
皮膚もたるんでいるために。さらにそのように見えるのです。

 

猫背

猫背というのはなぜなるのでしょうか?
猫背というのものに生まれつきという方はほとんどいらっしゃいません。
猫背は一種の生活習慣によるものです。

ではどのような生活習慣が猫背になってしまうのでしょうか?

 
●座っている時の姿勢
●立っている時の姿勢
●歩いている時の姿勢
●骨盤のゆがみ

 
これらすべてが猫背の原因になります。
きれいな姿勢を保てない方は背中の筋肉が落ちて余計に前かがみになるとさらに姿勢が悪くなり……という猫背の魔のスパイラルにはまっていきます。
背中の筋肉が落ちたために首を支える力がなくなり、首は前の方へ向かい前かがみの状態になってしまい、肩こりの原因にもなります。

最近はパソコンでの作業をされる方も多く、それ以外にもデスクワークでの作業でも長時間前かがみの同じ姿勢でいるために猫背の原因となっていくようです。

血行も悪くなって、脂肪燃焼の妨げとなり、背中に脂肪がついてしまいます。

 

番外編:ハイヒールにも注意しましょう

猫背のコーナーに書きましたが、原因のひとつに骨盤のゆがみがあります。
これはハイヒールをはいている方に多くみられる状態です。

ハイヒールは比較的不安定な履物です。
ですから膝を軽く曲げて歩くことで安定した歩きを求めてしまいます。
ちょうど類人猿が歩いている状態ですね。
類人猿の歩き方を想像してください。膝が外に曲りO脚気味です。
サルは2本歩行より4本歩行で歩くことが多いためにそれほど腰や膝に負担がかかることはありませんが、人間の歩き方は本来、裸足で歩いた状態が一番安定するため、不安定なハイヒールに対して安定を求めて膝を曲げて歩きます。
すると本来地面からの衝撃を吸収するはずの太ももがその役割を果たせずに、一気に膝で衝撃を受け止めてしまいます。
それで膝痛や腰痛になってしまうのです。

そうなるとあっというまに背中の筋肉は固くなり、凝ってしまいます。
血行も悪くなってしまい、結果的に背中に無駄な脂肪がついてしまうのです。

 

まずは原因に対する意識づけが大切!

背中の脂肪が気になる方は以上のような原因を考えてみてください。
それによって対策が見えてきます。
そして落とす方法もみえてきます。

背中の脂肪は知らないうちについてしまいます。
そして気が付いたら目立つようになっていた……という場合も多くあります。

 
背中は自分では目につきにくい場所である反面、他人からの目にさらされやすい場所です。
目に見える部位だけではなく見えにくい部分にも気を付けてみましょう。
もちろん背中の脂肪は長年放置されることが多いためにセルライトが絡み、落としにくい場所とも言われています。
しかし落としてしまうと印象を一気に「美変化」をさせることができます。
背中のラインををきれいに美しくすることができたらすてきではないでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.