> >

食事制限や運動ナシで痩身効果?!ヒートショックプロテインとは


 
つらい食事制限や運動でのダイエットは続かなかった、という人は多いと思います。
忙しくてコンビニやファストフードで食事を済ませてしまったり、運動する時間がない場合もあるでしょう。
そんな時は体を動かさず、空腹をガマンする必要もない自宅で簡単にできるダイエットがあります。

スポンサードリンク

 
それは、お風呂に入るだけ、というもの。
そんなの毎日入ってるけど?というアナタ。
ヒートプロテインというのを聞いたことはありませんか?

 

ヒートプロテインで体脂肪を燃焼させ、ヤセ体質に

ヒートプロテインとは、全ての生き物の体内に存在するもので、熱ショックタンパク質とも呼ばれています。
外部からストレスを与えると活発になり、ダメージを受けた細胞を修復しようとします。
その働きが体の代謝を活発にして脂肪を燃焼させるということなんです。

外的なストレスを与えるなら、自宅で熱いお風呂に入るのが最も簡単な方法。
普段はシャワーしか浴びない、という人もお風呂でヒートプロテインを活発にしてみませんか?
テレビで実際にやった女性は、3週間で4キロのダウン、ウエストも6.7センチ細くなったそうです。

 

ヒートプロテインダイエットの詳しいやり方

ヒートプロテインを活発にするためには体温を上げることがポイントです。
熱いお風呂に一定時間つかり、体温を上げます。
平熱から1.5度ぐらい体温が上昇していればOK。
お風呂の温度とつかる時間はこちらを参考にしてください。

 
お湯の温度:40度 つかる時間:20分
お湯の温度:41度 つかる時間:15分
お湯の温度:42度 つかる時間:10分

 
脱水症状を防ぐために、入浴前にしっかり水分補給をしておくことが肝心です。
また、入浴前に平熱を計っておきましょう。
体温を計る時は体の深層部の温度を測るため、舌下温を計りましょう。
入浴時はお湯の温度が下がらないように、フタをしながら入るようにするといいですね。

時間が過ぎたらお風呂から上がり体温が急に下がらないようにし、しばらく温まった体をキープします。
バスローブやタオルケットで体を包むようにするといいですよ。
10~20分ほど、ゆっくり時間をかけて体温を元に戻します。
くれぐれも入浴中や入浴後に冷たい飲み物を飲んで、体温を下げないように気をつけてくださいね。
また、熱いお湯につかるのが難しければ、時々お湯から上がり休憩してもOKです。

 

ヒートプロテインの働きを最大限利用するには

この入浴法を週に2回ほど続けることを習慣にしましょう。
どうして毎日じゃだめなの?と思いますよね。
人間の体はストレス(この場合は熱いお風呂ですが)を受け続けると、それに慣れてしまいます。
筋トレも毎日続けていると、筋肉がついて辛くなくなってきますよね。
さらに高度な筋トレが必要になります。
体が慣れてくるとヒートプロテインも作られなくなってしまう、ということなんです。

ヒートプロテインは、増加して約1週間体内に留まります。
そのピークを迎えるのがショックを与えた(熱いお風呂に入った)2日後。
そのため、常にヒートプロテインの効果を得るなら、週2日のペースがタイミング的にも最も効率がいいというわけ。

 

ダイエットだけじゃない、ヒートプロテインの驚くべき効果

ヒートプロテインはダイエットに効くだけではありません。
ヒートプロテインが増加すると、免疫力が高まりゲンキな体になります。
体温が低いと人間の免疫機能は正常に働きません。
病気で高熱が出るのは、免疫細胞が活動しやすいように体が発熱するため。
免疫力が高い証拠なんです。

また、血行が良くなり新陳代謝が活発になるので美肌効果も期待できます。
知っていますか? ヒートプロテインは、お肌の悩みであるシミやシワも目立たなくさせる、ということ。
また、加齢に伴うコラーゲンの減少を食い止める働きもあるので、エイジング世代にとっては注目すべき機能ですよね。

 

プロスポーツ選手も取り入れるヒートショック療法

また、疲労回復にも一役買っています。
ヒートプロテインの働きとして、乳酸の発生を遅らせるというものがあります。
運動をすると乳酸という疲労物質がたまります。
血行不良などで疲労物質が体にたまり続けると、肩こりや倦怠感を感じます。
ヒートプロテインはその疲れの元ができないようにするので、疲れにくい体になれるというわけなんです。
これを利用したのものがヒートショック療法と呼ばれるもので、プロスポーツ選手も取り入れています。

また、動脈硬化で固くなった血管が柔らかくなる効果もあるとか。
血管年齢は、その人の寿命や健康状態を表します。
血管をしなやかにするヒートプロテインで、血管若返り効果もあるというわけ。
サウナや岩盤浴でも同様の効果が得られますが、自宅のお風呂なら今日からでも始められますよね。

 

体力や体調に気をつけながらの継続を

注意したい点は、体力を消耗するので自分の体調を考えながら行う必要があります。
熱いお風呂が苦手で、1分でもつかってられない!という人は、まさに苦行かもしれませんね。
でも、リバウンドもなく空腹をガマンすることもないので、続けやすいのではないでしょうか。
ダイエットの成功は継続がカギ!ですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.