> >

骨盤のゆがみの正体とは?骨盤の前傾・後傾、原因と対処法

ダイエット失敗
 
マッサージなどに行き「骨盤がゆがんでいますね~」と言われたことはありませんか?
「骨盤のゆがみ」は、当たりまえのように下半身太りの原因のみならず、冷え症、生理痛、肩こり、むくみといった身体におこる多くの不調の原因とされています。

スポンサードリンク

 
こんなにも身体に悪影響を及ぼす「骨盤のゆがみ」とは、一体どういう状態なのでしょうか?

 

骨盤はゆがまない?

前に説明した通り、骨盤自体は骨の集合体であり、そのそれぞれは強固な結束があります。関節部に多少の動きは認められていますが、それはほんのわずかであり、実際に形を壊すことは考えにくいです。骨盤自体がゆがむということはないと思って下さい。
では、骨盤のゆがみの正体は何かというと、骨盤の傾きが正常ではない場合を骨盤のゆがみとして伝えられていると考えられます。
骨盤には、たくさんの筋肉が付着しています。骨盤の異常な傾きの原因は、入り組んで付着している筋肉にあると考えられる場合がほとんどです。

特に多いのが、骨盤の前傾・後傾のどちらかが強いケースです。

 

骨盤の前傾

骨盤が前傾しすぎると、腰椎のカーブが急になり、腰が反った状態になります。腰痛はもちろんですが、下腹がボコッとでて、お尻が垂れたスタイルになるのが特徴です。
原因は、骨盤を前に引っ張る力が強いこと、骨盤の前傾を抑える力が弱いことです。
太ももの前の筋肉が硬く、太ももの後ろの筋肉が弱っていると、前傾傾向になります。加えて腹筋が弱いと下腹が出っ張りやすくなります。

 

骨盤の後傾

骨盤が後傾しすぎると背中が丸まり、猫背で全体的なスタイルが崩れて見えます。ひどい肩こりや頭痛の原因にもなります。腹筋を使わないため、お腹に脂肪が溜まりやすく、膝の上に脂肪が乗るように脚が太くなります。
原因は、骨盤を後ろに引っ張る力が強いことです。太ももの後ろ側やふくらはぎの筋肉が硬いために起こることが多く、前屈が苦手な人が多いです。腹筋が弱く、姿勢を保つことができません。

 

筋肉バランスの崩れが原因にも

こうした原因以外にも、筋肉のアンバランスによって、前後だけでなく、左右のバランスが崩れ、片方に強く回旋したり、どちらか片側だけ骨盤が拳上したりしまっていることもあります。お尻の筋肉や背中の筋肉にも原因があることが多いです。

骨盤がゆがんで……という場合には、1つの筋肉だけでなく、複合的に筋肉のバランスを見直す必要があります。そのための第一歩は、ストレッチで筋肉の固さを改善しましょう。関節を正常に可動できるようにすることが第一です。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.