> >

着痩せファッション術を大公開!ポイントはラインを縦に錯覚を利用すること

着痩せファッション

 

毎日ダイエットに励んでいても、「千里の道も一歩から」、「ローマは一日にして成らず」というように中々スグには結果は出ません。
そんな時でも日々の生活は待ってくれないのです。
仕事の大事なプレゼンや、営業交渉、子どもの学校の行事、パーティーなど…いざという時に着やせして見えるコツを今回は抑えておきたいと思います。

スポンサードリンク

 

 

錯覚を利用した着痩せテクニック

まず、何が何でも目の錯覚!縦ラインを強調!です。
ぽっちゃり体系の人でも身長が低い場合、ベルトでウエストを強調する事は時に逆効果になる場合があります。
背が高い人であれば効果的な手法ですが、背が低い場合は、縦ラインを強調して目の錯覚を利用した着痩せテクを駆使します。

縦ラインとは、「長めのネックレス」を付けたり、「カーディガンなどの“はおりもの”を、前を閉じずに着る事でインナーとの境界線(縦ライン)」を作ったりする事です。

これだけでもお洒落かつ着痩せして見えるのです。

 

 

髪はハーフアップで

続いて、ヘアスタイルですが、ハーフアップを高めにする事をお勧めします。
無意識に人の目線を上に持っていくのです。
そうする事で全体が通常よりも縦長に見えるので、結果着痩せして見えます。

 

 

靴は足が長く見えるベージュを選んで

続いて、靴選びですが極力ベージュを選ぶと脚との境目が(また目の錯覚効果ですが・・)見えにくくなる事で、足が長く綺麗に見えるのです。
この技はスカートスタイルでもパンツルックでもどちらに使えますし、キレイでお洒落な印象を与えます。

【色選びのコツ 真っ黒コーデは避けて】
着痩せして見えるからといって黒ばかりで統一する事も失敗する事があります。
たとえば、上は黒のニットで、下が黒のフレアースカートだと、逆に黒の与える印象が大きすぎる場合があります。
スカートをあえて白にする事でスッキリとしたモノトーンコーディネイトが完成するでしょう。

 

 

チュニックは太って見えますよ!

体型をカバーしたいからといって、あえて大きなカーディガンやボレロを着過ぎないでください。
また、二の腕を隠すために半袖と長袖のTシャツを重ね着する事も同じく、“着膨れ”して見える事があります。

 

 

手首などの細いところは出していきましょう

気になる部分はあえて出しつつも、視覚効果を利用して着痩せを狙ってください。
例えば長袖を着るのではなく、あえて七分袖の服にして「手首」という比較的多くの人がくびれている部分を露出するのです。
相手に隠しつくすよりもスッキリとした部分を少しでも見せる事で、与える印象は変わります。

 

足首を出す手法も同じですが、身長の低い方は残念ながらロールアップコーディネートを一歩間違えると足が短く見えてしまうので注意が必要です。
その際は、上着とパンツの色の組み合わせを見たり、長めのカーディガンで「縦」のラインを作ったりして視覚的“着痩せ”を狙ってください。
逆に背の高い人は、あえて上着はパンツにインしたり、丈の短いシャツを選んだりして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.