> >

「三食きちんと」が鍵!ダイエットを成功させる理想のメニュー例

ケーキ
 
ダイエットに成功した人に秘訣を聞くと、意外とよく聞くのが「3食ちゃんと食べるようにしたら、自然とやせた」ということ。
ツライ食事制限や、激しい運動よりも、三度の食事をきちんととることこそ、ダイエットの基本だと言えます。

スポンサードリンク

 
人間は、確かに食べないとやせていきます。
でも、それでは確実にリバウンドを招き、太りやすいカラダを作ってしまうでしょう。
健康的に痩せるためには、食べて痩せる。
これにつきます。

 

1日の理想の摂取カロリーは?

しっかり食べて痩せるためには、摂取カロリーが消費カロリーを上回らないようにすること。
かといって、ローカロリーのものばかりを食べたり、大好きなお肉を我慢する必要はありません。
食事は普通にして、運動量を増やすようにすれば、ストレスを感じることなくダイエットが続けられるはず。
成人の平均摂取カロリーは、1,800~2,200キロカロリーと言われています。
これは、その人の年齢や職業、生活等によってそれぞれ変わってきます。
デスクワーク中心のOLの方や、主婦の方なら、1,700キロカロリーが目安です。
1日の食事のトータルがこれ以下をキープしていれば、やせられるというわけです。

 

やせる食事の4つのポイント

○朝と晩を軽く、昼はしっかり。
○和食中心のメニューを心掛ける。
○タンパク質を多く、ごはんは少なめにする。
○野菜や果物をたっぷりとる。

 

理想の1日のメニュープラン(1487キロカロリー)

朝食

おかゆ/納豆/味噌汁(わかめと豆腐)/漬物/バナナ
287キロカロリー

朝は食べ過ぎないことが大事ですが、朝食には体温を上げて、仕事の効率を上げる重要な役割があります。
また、朝食を抜いてしまうと、昼食を食べすぎてしまい、インスリンを上げてしまう結果になります。
インスリンには、体脂肪を増やす働きがあるので、要注意です。

 

昼食

サバの味噌煮定食(ごはん/サバの味噌煮/味噌汁/漬物/冷奴)
743キロカロリー

食べられないことがストレスにならないように、昼にしっかり食べるようにするとGOOD。
何でもメリハリが肝心ですよね。
昼食をしっかりとることで、間食も減らすことができます。

 

夕食

ごはん(8分目)/ラタトゥイユ/野菜サラダ(ノンオイルドレッシング)/枝豆
457キロカロリー

夜はごはんを少な目に。
炭水化物を取り過ぎると、寝ている間に脂肪として蓄積されてしまいます。
また、寝る前の4時間前以降は食べ物を口にしないようにしましょう。

 
この3食で、約1,500キロカロリーです。
これに運動を組み合わせれば、スイーツなどを食べても大丈夫です。
スイーツは毎日ではなく、週末などご褒美的に摂りいれるといいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.