> >

忙しいときの味方!ダイエット中にコンビニ食を選ぶならこのメニュー


 
忙しくてご飯を作る時間がないときは、頼りになるのがコンビニ。
用がなくても、クセでつい寄ってしまうという人もいるのではないでしょうか?
今はラベルにカロリー表示もされていて、ダイエット中にはありがたいですよね。

スポンサードリンク

 
一般的な女性の平均カロリー摂取量は、1日あたり約1,700キロカロリー。
ダイエット中なら、1日の摂取カロリーを1,400キロカロリーに抑えたいところです。
コンビニで商品を選ぶときも、その数字を目安にチョイスしてみましょう。

 

コンビニ商品で選ぶ1日の理想プラン

朝:バナナ・ヨーグルト

バナナは代謝を上げる果物の代表選手です。
栄養バランスもバナナ1本で十分取れるので、朝食を食べる時間がない、という人にもピッタリ。
コンビニなら1本から買えますよね。
ヨーグルトのような発酵食品は、ダイエット中にも積極的に摂りたい食品です。
お腹の環境を整えるはたらきがあるので、便秘にも効果的。
また、タンパク質は脂肪を燃やす体作りには、欠かせません。
ヨーグルトの代わりに納豆でもOKです。

 

昼:焼き魚弁当

一度にバランスよく栄養が取れるお弁当がおすすめです。
野菜が足りてないな、と思ったら、野菜のおかずをプラスしてみましょう。
サラダはマヨネーズやドレッシングが意外と高カロリーです。
ドレッシングが個別包装のものは、半分ぐらいに留めておく。
または全くかけないようにしましょう。

 

間食:大豆バー

コンビニスイーツはどれも目移りしてしまいますね。
ダイエット中は我慢したいところですが、夕食までの時間が長い人は大豆バーがおすすめです。
菓子パンなどに比べて太りにくいスナックですし、食物繊維も豊富なので満腹感もある上ヘルシー。

どうしてもコンビニスイーツが食べたい!という人は、豆乳プリンやかぼちゃプリンがおすすめ。
洋菓子系は200キロカロリーは軽く超えてしまいますが、レアチーズケーキには200キロカロリー以下のものもあるのでチェックしてみては。

 

夕食:海藻サラダ、パスタ

夕食の摂り過ぎは肥満の元。
できれば軽いもので済ませたいものです。
バスタは食物繊維が意外と多いのですが、どうしても栄養バランスが偏りがちなので野菜のおかずを1品加えてみましょう。

 

おにぎりの具で一番低カロリー/高カロリーなのは?

ところでコンビニといえばおにぎりが定番ですが、いつも同じものばかり選んでいませんか?
お店によっても違いますが、ローカロリーのおにぎりの代表は、梅、鮭、おかかです。
高菜なども、低めですよ。
ちなみに最も高カロリーのものは、ツナマヨです。

炭水化物の摂り過ぎはダイエットでは御法度ですよね。
カップラーメンにおにぎり、焼きそばパンにミニうどん、などの組み合わせはやめておきましょう。

 

おでんは低カロリー!

また、寒い冬にはとても魅力的なコンビニのおでん。
カロリーの低いたねは、こんにゃく、大根、昆布巻で、いずれも10キロカロリー前後です。
逆に、カロリーが高いものは、餅入り巾着、厚揚げ、がんもどきで、100キロカロリー前後。
そう、おでんは意外と低カロリーで、ヘルシー料理なんです。
コンビニを賢く利用して、ダイエットを成功させましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.