> >

酵素不足はダイエットの敵!食べ合わせで酵素を効率よく摂取する

食事
 
やせるためには食べる量を減らす、というのは、ダイエットの定番です。
しかし、量ではなく質。食べるものにもこだわってほしいところです。
食べるのを我慢するだけのダイエットは、逆に太りやすい体質を作り、リバウンドを招きます。
食べながら賢くやせるために、酵素の力を借りましょう。

スポンサードリンク

 

酵素不足が体に与える影響

食べ過ぎがあらゆる意味で体に良くないのは、ご周知の通りです。
食べ過ぎで肌が荒れたり、体がむくみやすくなったことはありませんか?
これは、体の酵素が不足して、代謝が落ちてしまったことが原因です。

人間の体には消化酵素と代謝酵素の2種類があります。
酵素の数は限られており、まず消化酵素が先に使われます。
食べ過ぎてしまうと、代謝を行う酵素が不足してしまいます。

太らない体づくりのためには、代謝アップが重要ですよね。
代謝を上げて、燃えやすいカラダを作るためには、食事から酵素を取り入れるようにしましょう。

 

酵素を取り入れた太らない食べ方とは?

○消化の良いものを食べる
○酵素を含んだ食べ物(生野菜・果物・発酵食品)を食べる

 
酵素は熱で破壊される性質を持っています。
そのため、サラダなどの生野菜や、果物を積極的に食べましょう。
しょうゆや納豆などの発酵食品も、酵素が含まれています。
パパイヤやキウイ、パイナップルに酵素が豊富に含まれているのは有名ですね。

フルーツゼリーを作る時に、上記の果物を入れてしまうと固まらない、というのは聞いたことありませんか?
それは、酵素がタンパク質であるゼラチンを破壊させてしまうためです。
酢豚にパイナップルが入っていたり、生ハムにメロンが添えられているのも、理にかなっているというわけなんです。

 

先人の知恵を借り食べ合わせで酵素摂取

だし巻き卵、さんまの塩焼き、天ぷらに添えられた大根おろしも、酵素の働きを利用した組み合わせです。
トンカツにキャベツの千切りがたっぷり、という組み合わせも、キャベツの酵素を利用したセットです。
付け合わせと思って残していた、というあなた。
今日からしっかり食べるようにしてみてください。

糖質、タンパク質、脂質、とそれぞれの分解によって、酵素の種類も異なります。
たとえば、山かけご飯の山芋は、糖質を分解する酵素が含まれていることによります。
組み合わせを意識したメニューに変えて、手持ちの消化酵素を節約しましょう。
その分代謝に回すと、太りにくい体になるだけでなく、デトックス効果も上がります。
免疫力もアップするので、嬉しいことだらけなんです。

 

食事で酵素が取れない場合は?

酵素はサプリメントとしても摂ることができます。
忙しくて食事で摂るのは難しい、というあなたは、酵素ドリンクなどがおすすめ。
体の中からキレイに、無理することなくやせることが、ダイエット成功の秘訣です。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.