> >

背中の脂肪を胸に移動させるマッサージ~ダイエット継続のコツ

ダイエット成功
 
気づかないうちにぜい肉がつき、見た目を老けさせてしまう「背中太り」。
一見ダイエットを行うのは大変そうですが、「背中太り」はのその原因を見極めて、日常生活のなかから根本的な改善を行っていけば、決してできないことではありません。

スポンサードリンク

 

背中の脂肪を胸回りに移動させるマッサージ

女性の背中まわりにつく脂肪は、合わないブラジャーや加齢によって胸の肉が背中にずれてしまっていることも原因になっています。

お風呂上がりにボディクリームをぬるときなど、以下のマッサージをプラスし、ぜひ女性らしいボディラインを維持してください。

 

マッサージの方法

 1.親指と4本指の間にウエストがくるように、左右のぞれぞれの手で脇腹を挟む。

 2.胸横まで4段階に分け、挟んだ手でぜい肉を押し上げるように優しく掴み上げる。

 3.右手を熊手のように広げ、左胸の脇からぜい肉を胸に向かって移動するよう引き上げる。

 4.左手も同様に、左胸の脇から引き上げる。

 

運動やマッサージを習慣づけるコツ

毎日ストレッチや運動を行ったり、姿勢を正したりなどの改善を続けるコツは、「常に意識をすること」が一番です。
ひとつひとつは難しいものでなくてもなかなか継続することが難しいという方は、たとえば冷蔵庫やパソコンなどの毎日目にするところへ貼り紙をするのもいいでしょう。また、習慣づけをするために、行うタイミングを決めておくのもおすすめです。寝起きにはこのストレッチをして、お昼休みにはこれ、帰宅後はこれ、といった具合です。
同じように、毎日決まった時間にメールをチェックしている、毎日同じ番組を見ているといった「固定した行動」がある人は、そこにプラスしてストレッチや運動を取り入れるのがよいでしょう。すでにある習慣に関連づけることで、継続がしやすくなります。

ストレッチや運動を毎日の習慣にして、あなたも無駄なお肉のない綺麗な背中を手に入れましょう。

 

運動は少しずつでも続けることが大切

背中痩せのダイエットは、その運動の影響からウエストや下腹といった部分への恩恵も期待できます。
ひとつの目標では挫けてしまいそうになる方は、そういったメリットも上手く活用して取り組んでくださいね。

なお、運動においては、回数をこなせばそれだけ効果がある、というものではないので、身体に負担がかからない程度におさえて実行していきましょう。
続けるのは簡単ではありませんが、内容や回数は決してハードルの高いものではありません。

そのままにして中年体型になってしまわないように、ぜひ背中美人を目指してくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.