> >

甘いモノがやめられない!そんなときでもダイエットを続けるコツ

ダイエット失敗
 
多くの女性が大好きな甘い物。ダイエット中は特に取らないように気を付けている人が多と思いますが、我慢しすぎてリバウンドの原因になるのが多いのも甘い物です。
特に白砂糖は「白い麻薬」とも言われており、一旦口にすれば常習性があり、つい甘い物を連続して食べ続けてしまいがちです。

スポンサードリンク

 
また、白砂糖は分解する際に体に必要なミネラルやビタミンを破壊するので、カロリーだけを気にして炭水化物の代わりにチョコレートやジュースなど白砂糖たっぷりの食べ物を取り続けていると、自ずと栄養不足にもなっていきます。
体内の栄養素を不足させず、リバウンドを防ぐ糖分との上手な付き合い方をご紹介したいと思います。

 

温かい飲み物に少量のお砂糖やはちみつを入れる

甘いものが食べたくてたまらなくなったら、まず温かい甘い飲み物を飲むことをお勧めします。
温かい飲み物はゴクゴク飲むことができないので、お腹が水分で満たされ、甘い物が食べたい欲求も満足させることができます。
お勧めはコクがあるココアやカフェオレ、また、抗酸化作用もありカルシウムも取れるミルクティーや抹茶オレもお勧めです。
甘味は甜菜糖やはちみつが血糖値の上昇も緩やかですが、無い場合は少量のお砂糖でも大丈夫です。お菓子を1個食べるよりカロリーも糖分も少なくて済むので、結果リバウンド防いでダイエットを続けるのにとても効果的です。

 

血糖値上昇を抑制する飲み物や食べ物を活用する

どうしてもケーキやチョコレートが食べたくなったら、無理に我慢してリバウンドする前に、量を決めて血糖値の上昇を抑える飲み物と一緒に楽しみましょう。
最も効果があるのがカモミールティーですが、手軽なところでは紅茶や緑茶、コーヒーにも血糖値上昇を抑制する効果があります。これらの飲み物にシナモンをトッピングしたり、おつまみにアーモンドを付けるとさらに血糖値上昇を抑える効果が高まり、同じものを食べても太りにくくなります。

 

甘いものを毎日連続して食べない

一度甘い物を食べたくらいでは、ダイエットは失敗にはなりません。毎日厳しい食事制限を続けているとストレスも溜まるので、時には息抜きをすることもダイエットを続けて行く上で必要です。
しかしお砂糖は常習性があり、一度食べると再び甘い物が無性に欲しくなるので注意が必要です。甘い物を連続して食べ続けるとカロリーオーバーになるだけでなく、糖を分解する際に体に必要なビタミンやミネラルを排出してしまいます。
一度甘い物を食べて、また翌日も食べたくなったら、ドライフルーツや甘酒など、砂糖を含まない甘味や温かい飲み物を上手に活用して欲求を抑えていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.