> >

「カロリーを減らせば痩せる」は嘘?本当に成功するダイエット法とは

ダイエット・体重計
 
ダイエットを始めると、まず多くの人が思いつくのが食事の量を減らすカロリーダウンです。
確かに過剰なカロリー摂取は体重増加の原因の一つです。しかし、やみくもに食べる量を減らしたり、食事を抜いたりしても、一時的に体重を落とすだけで、本当の意味でダイエットを成功させることはできません。

スポンサードリンク

 
ダイエットは健康的に体を絞っていくことが理想です。そのためにはどのようなことに気を付けたらいいのか、ダイエット中の人が陥りやすい間違いダイエットのポイントをご説明したいと思います。

 

生命維持に必要な基礎代謝分はしっかり食事を取る

人間はただ寝ているだけでも、内臓や脳が活動し、エネルギーを消費しています。
これを基礎代謝と言い、生きるのに不可欠なエネルギーで一般的に成人女性で約1,200Kcal、成人男性で約1,500Kcal程度と言われています。しかし1日でも早く体重を落とそうと、毎食サラダばかり食べたり、炭水化物を極端にに減らしたりすると、基礎代謝に必要なエネルギーが足りず、体は少ないエネルギーで基礎代謝を賄おうとするので、結果的に消費されるカロリーが落ち、痩せにくくなってしまいます。

基礎代謝は「基礎代謝 計算」で検索すれば、パソコンやスマホでも簡単に計算できるサイトがたくさんあります。毎日の生活習慣や仕事内容によってもその熱量は異なってくるので、自分のおおよその基礎代謝を知り、その分の摂取カロリーは必ず食事から取るように心がけましょう。

 

一食抜くと逆に太りやすくなる

よく体重を落とすために、朝食や夕食を抜く人がいますが、一食抜くダイエットも、実はとてもリバウンドしやすい危険なダイエットと言えます。
一食を完全に抜けば、一日の摂取カロリーは抑えられるので一見ダイエットにとても効果的と思われがちですが、栄養が入って来ないと判断した体は命を守るために本能で、次に入ってきた栄養をなるべく蓄えようと働きます。
つまり一食抜いてしまうと、次に食べたものが脂肪になりやすくなるのです。

ダイエットで一番大切なのは、脂肪を燃焼しやすい体と適切な量の食事です。安易に一食抜くのは止めて、必ず腹八分目で必要な栄養素を三度の食事から摂取するように心がけましょう。

また一食抜くと、体は生命維持に効率の良い脂肪分や糖分の多い物を求めます。そのため一食抜いたがために、昼食以降でリバウンドしておやつをたくさん食べてしまったり、食事にカロリーや脂肪分の高い物を選んでしまいがちです。
食べ過ぎてリバウンドしないためにも、必ず食事は三食きちんと取るようにすることがダイエット成功への近道です。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.