> >

美意識の高い人はオイルの使い方が上手!ダイエット効果をアップさせるオメガ3とオメガ9

オイル

 

油のカロリーが高いのはよく知られていて、ダイエット中はとることを極力避けるほうが良いといわれています。
確かに摂取カロリーを減らすためには揚げ物やファーストフードなど、脂質の多い食事は避けたほうがいいでしょう。

スポンサードリンク

 

 

オイルをカットしすぎると肌荒れになることも!

ただ、油抜きダイエットといわれるまで徹底的に油をとることを避けてしまうと体温が低下して基礎代謝が落ち、痩せにくい体になったり、肌がカサカサになったり、という事態を招くことがあります。
実は油には種類があり、体に悪い油と、取り入れることによって美容と健康に役立つ油とに分かれているのです。

 
 体に取り入れることを避けたい油は、トランス脂肪酸とオメガ6と呼ばれています。

 

 

トランス脂肪酸

マーガリン・ファットスプレット・ショートニングといった、植物性の油を加工して作ったものに多く含まれています。
肥満の原因となるばかりでなく、とりすぎると心筋梗塞などの心疾患や、胎児の体重減少・流産など胎児へのリスクの増加、アレルギー症状の誘発など、私たちの健康に大変害のある食品であることがわかっています。

 
欧米諸国ではすでに規制の対象になっているのですが、日本では対応が遅れています。
スナック菓子やクッキーなどの焼き菓子に多く含まれています。原材料表示をよく見て、これらの加工油を使用した食品を取り入れないよう気を付けましょう。

 

 

オメガ6

必須脂肪酸と言って人間の体には必要な脂肪酸の一つです。まったくとらないと体に不調をきたしますが、現在の生活では、過剰に摂取しがちなため、できるだけ避けたほうがよいでしょう。
特に植物性油脂を使った揚げ物は酸化していることが多く、体の老化を進め、発癌性を高めます。

 

 

積極的に摂りたいオイル

体に良い油はオメガ3とオメガ9と呼ばれているものです。

 

 

オメガ3

魚や大豆に含まれる油で、体に必要な必須脂肪酸です。
同じ必須脂肪酸でもオメガ6と違い、積極的に取り入れなければ不足しがちな食品です。
オメガ3は中性脂肪の値を下げ、動脈硬化からくる成人病発症のリスクを少なくします。また、代謝を促し、体脂肪が落ちやすい状態にしてくれるため、ダイエットを効果的に進めるためにも必要です。

 

 

オメガ9

必須脂肪酸ではありませんが、悪玉コレステロースを下げ、善玉コレステロールを増やしてくれるため、積極的に取り入れたい油です。
また、ダイエットの大敵である便秘の解消にも効果があります。主にオリーブオイルやアボガド、アーモンドなどのナッツ類に含まれています。美肌効果も高く、積極的に取り入れることによって艶めく肌を手に入れることが期待できます。

 
このように、油にもいろいろな種類の油があり、とり方を間違えると肥満の原因となって健康を害するのですが、良質の油は、効果的に取り入れることによってダイエットや美肌作りの味方に付けることができるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.