> >

しっかり痩せられたとしても単品ダイエットはダメ!人間の体と栄養素の関係

料理

 

世の中にはいろんなダイエット方法が溢れています。
なかには、リンゴダイエットなど単品を食べることによって痩せるというダイエット法がありますが、単品の食品を極端に食べて痩せるという方法はお勧めできません。

 
なぜなら、私たち人間の体は、今までに口にした食べ物や飲み物からできているからです。
体は、さまざまな栄養素を必要としており、その栄養素が極端に不足すると思わぬ病気にかかってしまうことがあります。

スポンサードリンク

 

 

人間の体と栄養素

栄養素は炭水化物・蛋白質・ビタミンやミネラルの3種類に分けることができます。
その3種類の栄養を、どのように体に取り入れるかによって、体重を減らすだけではなく、健康を維持し、シミやしわを防ぐアンチエイジング効果も期待できます。

 

 

炭水化物

炭水化物は私たち人間の体や脳を動かす大切なエネルギー源です。
炭水化物をとると太るといって炭水化物抜きのダイエットを勧める方がいますが、必要なエネルギーが取れないことによって脳や体の働きが悪くなり、仕事や家事の効率が悪くなりますから、炭水化物を全くとらないということはお勧めできません。
ただ、とり方にはコツがあります。
一日の活力を得、効率的に動くために朝食にはしっかりとご飯やパンといった炭水化物をとり、消費エネルギーが少なくなる夕食時にはご飯の量を少なくするなど、控えめにとるのが上手な炭水化物の摂取方法です。

 

 

たんぱく質

蛋白質は肉や魚などに含まれていますが、カロリーが高いといって敬遠されがちです。
ダイエット中はお肉を食べずに我慢している女性も多いのではないでしょうが。
しかし、蛋白質は人間の筋肉を作る大切な栄養素です。
蛋白質が不足すると筋肉の量が減ってしまいます。

 
人間は筋肉を動かすことによって多くのエネルギーを消費します。
筋肉の量が少なくなるとエネルギーの消費が少なくなり、結果的に太りやすい体を作ってしまいます。
また、蛋白質を消化するためには多くのエネルギーが必要になりますから、炭水化物を多くとることによって代謝効率を高め、痩せやすい体を作ることができます。
赤身の肉や魚、豆腐といったカロリーの低い蛋白質を毎食手のひら一つ分とることを心がけましょう。

 

 

ビタミン、ミネラル

野菜や果物、海草からとれるビタミンやミネラルが美容と健康に欠かせないことは皆さんもご存じだと思います。
ビタミンは栄養素の分解を手助けする役割があり、不足すると栄養の分解がうまくできずに肥満を引き起こす恐れがあります。
ビタミンやミネラルには多くの種類があり、それぞれが助け合って効果を発揮します。
たとえばカルシウムが丈夫な骨を作るために大切なことは知られていますが、効果的に体内に取り入れるためにはビタミンDの存在が不可欠です。

 
また、ビタミンは体内にとどまっていられる時間が短いものがあります。
美容に欠かせないビタミンCは体に取り入れても数時間後には効果がなくなってしまいます。
また、ストレスや喫煙によってもビタミンCは消費されてしまいます。
野菜、果物、海草類は一度にたくさんの量をとるよりも、3食に分けていろいろな種類の食品から取り入れるのが理想的ですが、外食が多いとか単身生活でたくさんの野菜を買うことが難しいという方はサプリメントや野菜ジュースを上手に利用しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.