> >

抗酸化作用効果バツグンのトマト。リコピンは加熱しても壊れない優秀成分

トマト

 

真っ赤に熟したトマトはみずみずしくておいしいですね。
サラダに、炒めものに、煮込んでスープにと、大活躍のトマトですが、私たちの体の中でも、大活躍をしてくれる、頼もしい存在なのです。

スポンサードリンク

 

 

トマトは特に美肌の良いとされています

トマトには、美白効果、シミ・しわ予防効果があります。
その美容効果の代表選手がリコピンです。
リコピンはトマトの赤い色素に含まれていて、抗酸化作用が高いことがわかっています。

 

 

抗酸化作用とは?

抗酸化作用とは、日々体の中で作られる活性酸素といわれる体の錆のようなものを取り除く作用のことです。
活性酸素が蓄積すると、シミ・しわの原因となるだけではなく、癌や脳卒中、心臓病などの成人病を引き起こすのです。
活性酸素は排気ガスや喫煙、ストレス、紫外線や放射能によっても増加します。
我々が健康を維持しようとするためには、活性酸素をいかに効率よく取り除くかに尽きるといっても過言ではないでしょう。

 

 

抗酸化食品ならトマト!

活性酸素を取り除くためには、野菜や果物に含まれている酵素をとることが効果的だといわれています。
その酵素の中で最も抗酸化作用が強いとされるのがトマトにたくさん含まれているリコピンです。
野菜に含まれている酵素は、熱に弱いことが多いのですが、生の野菜を、体に必要な酵素を取り入れる分だけ食べるのは大変難しいものです。
リコピンの優れているところは熱を加えてもその効果がほとんど壊れないところです。
ですから、生のトマトからだけではなく、ジュースやトマトの水煮缶、トマトピューレなどのトマト加工品からも取り入れることができます。
ほかの酵素を野菜ジュースでとろうと思っても、加熱処理をされた野菜ジュースでは大切な酵素は壊れてしまっていることが多いですから、リコピンの頑丈さは大変画期的だといえるでしょう。

 

 

リコピンには、メラニンの生成を抑える役割も

メラニンの生成を抑制することにより、美白効果が高まり、シミの生成を抑制します。
毎日トマトをとることによって、すでにできたシミが薄くなったという研究結果もあるほどです。
コラーゲンの生成を助け、体内のコラーゲンを増やす役割があります。
トマトがしわの予防に良いとされるのはこのためです。
紫外線による日焼けの予防にも効果があるとされています。

 

 

もっと効率良くリコピンを摂取するなら脂と一緒に

 リコピンは脂溶性なので、脂と一緒にとるのが効率よくリコピンを取り入れるコツです。
熱にも強いリコピンですから、オリーブオイルなど美容に良い油でいため、たくさんの野菜と一緒に煮込んだスープでいただくと、たくさんのビタミンとの相乗効果を期待できます。
まさに完璧な美容食ですね。
たくさん作り置きして、忙しい朝にいただくと、一日元気でいられそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.