> >

高カロリーだけど魅力的。美容の味方アボカドは本当にダイエットに有効?

ダイエット食品

 

森のバターと呼ばれるアボガドはそのほとんどが油脂でできているため、大変カロリーの高い食品です。
しかし一方では「食べる美容液」とも呼ばれ、その美容効果が最近注目されています。

スポンサードリンク

 

 

油脂はオレイン酸を多く含みます

アボカドは悪玉コレステロールの値を下げ、過酸化物質の発生を抑えることによって癌や動脈硬化、心臓病、糖尿病などの成人病を予防することができます。
また、胃酸を抑え、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍の予防・改善してくれます。
腸内に入ると腸内物質を柔らかくする働きをし、便秘改善に役立ちます。
オレイン酸はビタミンCと一緒に摂取すると効果的に体内に吸収されるのですが、アボカドにはビタミンCも豊富に含まれています。

 

 

ビタミンやミネラルも大変豊富に含みます

ビタミンはA,B1,B2,C,D,Eをはじめ11種類、ミネラルはカリウムをはじめ14種類含まれています。
特にビタミンではEが多く含まれていますが、ビタミンEには強い抗酸化作用があり、体の老化を防ぎ、癌や動脈硬化の予防にも役立ちます。
ビタミンB群も豊富に含まれています。
ビタミンB群は新陳代謝を活発化させ、皮膚の再生を助けるため、美肌効果が期待できます。
ミネラルの中ではカリウムが多く含まれています。
カリウムは体内の余分な塩分を排出する役割を果たしてくれるので、高血圧や心疾患の予防に役立つほか、女性の大敵であるむくみの解消にも効果的です。
鉄分や葉酸も含まれており、肌の血色をよくする効果が期待できます。

 

 

便秘予防、抗酸化作用も

食物繊維も多く含まれているため、便秘の予防し、腸内の余分な成分を体外に排出してくれます。
便秘を予防することは、ダイエットにも役立ちます。

 
また、アボカドにはコエンザイムQ10が多く含まれています。
コエンザイムQ10は抗酸化作用が高く、美肌効果や老化防止に高い効果をもたらしてくれるのですが、20代をピークに体内から減少していき、40代前後からは急激に減ってしまうのです。

 
まさに「食べる美容液」といわれるにふさわしい豊富な栄養を含むアボカドですが、高カロリーな食品であることには変わりなく、食べすぎには注意が必要です。

 

アボカドには独特の青臭い風味がありますが、意外と和・洋・中さまざまな料理に合わせることができます。
和食では、マグロとの相性が良いことは知られていますが、豆腐とトマトと合わせ、わさび醤油でいただくとさっぱりとしておいしいです。
洋風では、コブサラダに入れると、いろいろな野菜の栄養を効果的に吸収することができてお勧めですし、ラー油をかけて中華風に食べるのも案外おいしい食べ方です。

 
最近ではスーパーで手軽に手に入るようになった「食べる美容液」アボカドを食べ、美貌と健康を手に入れましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.