> >

痩せ過ぎて綺麗ですか?太ってないのにダイエットするコトの3つの危険

白湯ダイエット
人間はとてもかっこよい外見や美しい外見を望んでしまいがちです。これは仕方ないことですがついつい行動に移してしまいがちです。
よい外見にするには体重を落としてスリムにすることが大事です。そこで、肥満体型ではないのに、ダイエットをしてしまう人が現在たくさんいる状況です。

スポンサードリンク

 
太っていないのにダイエットをすることはとても危険で下手をしたら生命に危険なこともあります。
そこで、なぜ太っていないのにダイエットをやることは危険なのかについて説明します。

 

1. 脂肪が減り過ぎるのは危険

まず、脂肪がなくなってしまうということです。ここで、「これぐらい当たり前ですよ」と思ってしまうことがありますが、脂肪はとても大事なもので、なくなってしまったら日常で困ってしまうことがあります。

例えば、何かの衝撃が体に加わったとしましょう。この時に脂肪があればそれで衝撃を吸収してくれるのですが脂肪がないと衝撃を吸収されずに体内の臓器や骨に衝撃を与えてしまうことがあります。
当たり所が悪いと、骨折などをしてしまい長期にわたって日常活動が満足してできない状況になってしまいます。

 

2. 筋肉が減るのも危険

2つ目は、筋肉が減ってしまうということがあることです。ダイエットで筋肉が減ってしまうということは思いもよらないと思います。
筋肉が減ってしまうと、すぐになにかをしたら疲れてしまったり、頻度でつってしまうことになります。
このようにデメリットが多いですし、さらに体中に骨が浮かび出てくることもあり、とても嫌なことがたくさんあります。

 

3. リバウンドの危険性も

3つ目はリバウンドをしてしまうことがかなりの可能性であることです。
ついつい痩せすぎてしまうと、なにか食べ物をたくさん食べたいという欲望がたくさん出てきてしまい、限界を突破してしまうと暴飲暴食をしてしまい、もともとの体重に戻ってしまったり、下手をするとそれよりも高くなってしまったりすることもあります。
結果としてダイエットをした意味がなく、むしろ体重が上がってしまったということになり、失敗ということになります。

中にはリバウンドをしているという意識がない人もいますが、無意識に食べてしまって体重が増えてしまうということもあるので、気を付けてください。

このように、危険性がたくさんある中でダイエットはやりたくはないと思います。
太っていないのにダイエットをすることはどうしてもやらないといけない(スポーツの面で)ということ以外では避けましょう。

普通の生活をすることがとても大事なので、心がけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.