> >

究極の食べながらダイエット?!食べる順番ダイエットの方法と効果


ダイエットをしたのはいいが、食べることを制限するのが我慢できずにダイエットに失敗してしまう人は少なくないと思いますが、ながらダイエットならば「食べながら」ダイエットすることも可能です。

スポンサードリンク

 
ダイエットに食事制限は重要なポイントとなってきますが、これがネックとなってダイエットに失敗したり、成功したとしてもその後体調不良やリバウンドを引き起こすことにもなるので、食事制限はダイエット効果を発揮するというメリットがあるものの、大きなデメリットも存在することを理解しておかなければなりません。

ですからこの食べながらダイエットはそのデメリットを帳消しにした理想的なダイエット方法とも言えるでしょう。

それでは食べながらダイエットのやり方について紹介していくことにしましょう。

 

食べる順番を変えよう

まずは食べる順番に気をつけることです。

食べる順番は、食物繊維→たんぱく質→炭水化物の順です。

何でこの順番でダイエット効果が得られるのかというと、この食べ方は血糖値を最も上昇させにくい食べ方なのです。

通常食べ物を摂取すると体内では血糖値が上昇するのですが、血糖値の上昇はインシュリンの分泌を促します。

このインシュリンは血糖値を下げる働きがあるのですが、その他に、ダイエット時には絶対に避けたい体脂肪を蓄積させやすいという嬉しくない働きがあるのです。

ですから極力血糖値の上昇をさせにくい食べ方を行うことで、インシュリンの過剰分泌を抑えて、体脂肪がつきにくくするというわけです。

 

各栄養分の効果と役割

1. 食物繊維

食物繊維にはブドウ糖の吸収を穏やかにする働きがあります。
一番最初に食物繊維を取ることで血糖値の急上昇を防ぎ、インシュリン分泌を抑えるというわけです。

また食物繊維は胃に入ると膨張するので、1番最初に口にすることで胃の中で膨らみ、早めの満腹感を得ることもできます。

2. タンパク質

タンパク質には血糖値を急上昇させない食材が多く、食物繊維とタンパク質をシッカリと噛んで食べることで、脳の満腹中枢を刺激して早めの満腹感を得ることができます。

3. 炭水化物

炭水化物は最も血糖値を急上昇させる食材が多いのが特徴です。

日本人はまず食事はご飯から口にする人が多いのですが、ダイエットを行う際には必ず最後に口にするようにしましょう。

食物繊維→たんぱく質→炭水化物の順番で食べることで、炭水化物の摂取量を抑えることもできるだけでなく、全体の食べる量の調整や栄養のバランスにもいい効果を発揮します。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.