> >

甘酒にダイエット効果があるって本当?甘酒の栄養成分と効能を徹底調査

ひな祭り
 ひな祭りくらいにしか飲まないという人も多い、甘酒。実は、素晴らしいダイエット効果が期待出来ると最近話題なんです。

スポンサードリンク

 
甘酒は発酵食品の一つ。確かに、栄養満点ですが、ダイエット効果はあるんでしょうか?知られざる甘酒のダイエット効果をご紹介しちゃいます。

 

甘酒に含まれる栄養成分?

 甘酒には、代謝するのに必要なビタミンB群がとっても豊富に含まれています。炭水化物の糖質を代謝するには、ビタミンB群が必須なんですが、甘酒にはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、イノシトールなどのビタミンB群が豊富に含まれているんです。特にイノシトールは肝臓に余分な脂肪が蓄積されないようにするという作用もあります。ビタミンB群を摂取すると、糖質や脂質の代謝を助け、体全体の新陳代謝を上げてくれるので、ダイエットに繋がるというわけなんです。

 

甘酒にダイエット効果がある理由

 また、甘酒には代謝に関わる酵素がたくさん含まれています。中には、皮下脂肪や内臓脂肪までもを燃焼させる働きのある酵素や、体重増加を抑制する作用のある酵素も含まれています。甘酒の酵素を取り込むと、消化吸収が促進され、代謝も上がって、腸の働きをも活性化してくれるんです。腸が上手く働いていると、体に蓄積された老廃物や毒素も排出されやすくなるので、痩せやすく太りにくい体質に変わっていきますよ。

 他にも、甘酒にはアミノ酸が多く含まれていて、コレストロール量をコントロールして脂質代謝を促してくれたり、血液をサラサラにしてくれたり、成長ホルモンの分泌を促して脂肪分解酵素を活性化してくれたり、内臓の働きを促進して消費エネルギー量を高めてくれたり、自律神経を整え気持ちを穏やかにしてくれたりと、ダイエット効果が目白押し。

 

甘酒ダイエットのやり方

 甘酒には実は2種類あります。米麹とお粥とお水だけで発酵されて作られた米麹の甘酒。もう一つは、酒粕とお酒とお水で、煮溶かしてつくられた酒粕の甘酒。どちらの甘酒を使っても良いですが、おすすめなのはカロリー低めの米麹の甘酒です。

 甘酒ダイエットのやり方はとっても簡単。3食のうち1食を甘酒に代えるんです。一番手軽なのは、朝食を甘酒に置き換えることですが、例えば残業帰りで遅くなった日の夕食を甘酒にするというようにするのもおすすめです。また、甘いものが欲しい時、ちょっと小腹が空いた時に甘酒を飲むのもおすすめ。
 甘酒は温めて飲むと、飲みごたえもあるので、満腹感もありますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.