> >

生理周期を利用してメリハリダイエット。生理終了間際から2週間が痩せるチャンス!

生理周期ダイエット

 

女性がダイエットするときに気をつけなければいけないのは生理周期。
時期を間違うとダイエットの効果が減少するだけでなく身体にも大きな負担をかけ、美容にも影響を与えてしまいます。

スポンサードリンク

 

 

女性ホルモンには2つの種類がある

女性ホルモンには「エストロゲン」と呼ばれる卵胞ホルモンと、「プロゲステロン」と呼ばれる黄体ホルモンの2つの種類があります。

 

痩せるホルモン エストロゲンの働き

エストロゲンは卵巣や子宮の発達を促進し、身体を排卵に備える働きがあります。
生理が始まってから排卵日までの間多く分泌されます。
この期間は心身共に調子が良くなり、集中力も高く、比較的激しい運動などをしても問題の無い期間です。

 
またエストロゲンには、内臓脂肪が蓄積されるのを押さえる働きもあります。
生理とともに体内に貯めていた水分や老排物が排泄され、さらにエストロゲンの分泌が始まることで太りにくい時期に入りますので、食事制限や運動をする精神力を兼ね備えたこの時期がダイエット効果が出やすい時期といえるでしょう。
それでエストロゲンは別に「痩せるホルモン」とも呼ばれています。

 

太るホルモン プロゲステロン

逆に排卵日から生理までの期間に分泌されるプロゲステロンは子宮内膜や子宮筋を整え、体温を高くして子宮で受精卵を育てる準備をします。
それでこの時期は身体が貯めこみに入ります。

 
このホルモンの影響により、体内の代謝が悪くなりむくみや便秘、食欲が増す、自律神経の働きが鈍くなり、イライラしたり精神が不安定になるなどの傾向が現れます。
代謝が悪い、または便秘だといくらダイエットしてもなかなか痩せられません。
それでプロゲステロンは別名「太るホルモン」とも言われています。

 
このホルモンが分泌されている期間はダイエットしても痩せにくい時期です。
無理にダイエットすると精神的にも身体にも負担をかけてしまいますので注意が必要です。

 

 

ダイエットに適した時期

上記の点を考慮して、エストロゲンの分泌が盛んになる、生理が終わりかけた頃からの二週間がダイエットに適した時期といえるでしょう。

 
ダイエットに適したエストロゲンの分泌時期に有酸素運度を多く行いましょう。
プロゲステロンの分泌時期には身体を休めてあげるとともに食べ過ぎに注意しましょう。
長期的なストレスや環境ホルモン、肥満などによって女性ホルモンにも影響が出ることがあります。

 
エストロゲンとプロゲステロンのバランスが崩れるとダイエット効果が出にくいだけでなく美容や健康にも影響します。
2つの女性ホルモンを上手に管理してダイエット効果を最大限引き出しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.