> >

何を食べても大丈夫!8時間ダイエットでプチ断食しながらダイエット

ハンバーグ
 次から次へと新しいものがどんどん出てくるのがダイエット法。でも、ここまでシンプルで手軽なものはないのでは?と言えるのが「8時間ダイエット」です。

スポンサードリンク

 
8時間ダイエットとは、1日の食事を8時間以内に収めて、16時間はプチ断食の状態を作るというもの。食事は8時間以内におさめれば、何を食べても大丈夫。ダイエットで食事制限や運動がストレスになってしまう人にこそ、おすすめのダイエット法です。

 

8時間ダイエットのやり方

 8時間ダイエットとは、1日の食事を8時間以内に収めるだけ。コレさえ守っておけば、何を食べても大丈夫です。一番理想的とされているのが、朝の9時から17時までの8時間に食事をすること。朝の9時に朝ご飯を食べて、お昼くらいにランチを食べて、夕食を17時までに終えるのが理想的。でも、夕食を17時に済ますのは現実的に無理という人は、朝の11時に朝食を摂って、昼過ぎにランチを食べて、夕食を19時までに終えるのでも大丈夫です。

 

8時間ダイエットの効果

 8時間の間に食事が集中するので、残りの16時間は何も食事をしない断食状態となります。断食の状態だと、その期間に食事をスムーズに消化したり、内臓が活動を休止出来るので翌日の排出がスムーズになり、デトックス効果が高まり痩せ体質を作ることができるという訳なんです。
 また、8時間ダイエットをしていると遅くとも夜の19時には夕食を終えることになるので、だらだらと夜更かしすることがなくなり、自然と朝型のライフスタイルにシフトしていくようになります。朝型のライフスタイルだと交感神経が優位になり、代謝もアップするので、健康的な痩せ体質になっていくんです。

 

8時間ダイエットの効果をより上げるには?

 8時間ダイエットは、基本的に何を食べても大丈夫ですが、毎食ジャンクフードだったり、揚げ物や甘いものをドカ食いしていては効果も半減してしまうばかりか健康も損ねてしまいます。食べたいものを我慢せずに食べても良いですが、体に良いもの、体が欲するものを食べるようにしましょう。
 また、食事時間の8時間でも、食事外の16時間でも、常に水分をマメに摂るようにしましょう。代謝アップや排出効果アップも期待出来ますし、空腹を紛らわすことも出来ますよ。プチ断食状態の空腹がツラいときは、お風呂に入ったり本や映画を見たり、温かいハーブティーを飲んだりするとお腹が空いているのを忘れるのでおすすめです。

 
 食べることが大好きで食事制限がダイエットの大敵!という人は、是非チャレンジしてみてくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.