> >

半日プチ断食、3日間プチ断食のやり方。デトックスを習慣化することで痩せ体質に

プチ断食

デトックスを行い、健康的に痩せることができるとして人気を集めているのがプチ断食です。
断食という言葉を聞いてしまうと、なんだかとても辛そうなイメージがあるのではないかと思いますが、やってみたら意外とクリアーできたという声をよく耳にします。
それでは、プチ断食の種類と方法について、ご紹介させて頂くことにしましょう。

スポンサードリンク

 

 

プチ断食・半日断食の定義

プチ断食とは、本格的な断食とは異なり半日~3日以内で完結させる断食を指します。

 
半日断食とは、前日の夕食後から18時間、食事の摂取を行わない方法で、断食初心者が最も行いやすい方法となります。
方法はとても簡単。

前日の夕食から18時間の間、固形物の摂取を行わずに水分の摂取のみで過ごすだけ

 

なぜ、18時間なのでしょうか?

それは、摂取した食事が体内から完全に排出されるまでに18時間が必要であるからです。
プチ断食を行う第1の目的はダイエットであることが多いのではないかと思いますが、もうひとつの目的は、体内の老廃物を排出させ、内蔵を健康な状態に戻すことにあります。

 
半日断食ではほとんど体重を落とすことはできませんが、プチ断食の練習、あるいはデトックスをおもな目的として行うのであれば最適な方法であるといえるでしょう。

 

 

続いて、3日間のプチ断食についてのお話です

プチ断食を行うためには、準備期間、断食期間、回復食期間が必要であり、これらに費やす日にちは最低でも3日間が必要となります。

 

準備期間

まず、準備期間には肉類や魚類などの動物性食品を控え、雑炊やお粥など、内蔵への負担が軽い食事に切り替えます。
また、摂取する飲料にも注意を払う必要があり、できる限りカロリーの少ない飲料の摂取に留め、アルコール飲料や甘味料の含まれている飲料の摂取は控えましょう。
この準備期間は、断食時の空腹感に慣れる期間でもありますので、雑炊やお粥であっても、過剰な摂取を行わない注意が必要です。

 

そして、いよいよ断食です

断食期間に摂取できるのは飲料のみ。
ただし、カロリーの高い飲料はNGですので、水、ミネラルウォーター、野菜ジュースなど、できる限りカロリーの低い飲料を摂取するようにします。
また、緑茶やウーロン茶を摂取することもできますが、空腹時にこれらの飲料を大量に摂取すると胃の内部を荒らすことにもなりかねませんので、くれぐれも過剰な摂取は行わないよう、注意しましょう。

 

断食終了後は回復食を。ここからが大事

断食が終了すると、ついついドカ食いに走りがちですが、プチ断食でデトックスされた体内は、栄養の吸収状態が非常に良好となっています。
つまり、一気に大量の食品を摂取してしまうと、摂取した食品の栄養素ばかりではなく、カロリーもまともに吸収してしまうことになるということ。
そこで大切なのが回復食です。

 
回復食は、準備期間と同じ要領で食品を摂取しますが、ゆっくりと慣らしながら行うことがポイント。
実は、プチ断食の効果を台無しにしてしまう原因の第1位は、この回復食の期間にドカ食いをしてしまうことにあります。
空腹に耐えたあとには、美味しい食品をお腹いっぱい食べてしまいたくなる衝動に駆られることでしょう。
ですが、そこはじっと我慢です。

 
半日プチ断食も3日間プチ断食も、終了後が肝心です。
効果をしっかりと実感するためにも、回復食の期間に食べ過ぎてしまわないよう、気をつけましょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Comments are closed.