> >

激しい運動を避けたい産後ダイエットは食生活が重要。脂肪燃焼食品と温かい飲み物を

産後ダイエット

 

身体をしっかり休め、栄養を摂って産後の身体を回復させたら、まずは数字上での臨月の体重と、産後すぐの体重、そして産後1ヶ月の体重の変化をご自身で把握しましょう。

スポンサードリンク

 

 

臨月までに増えても良い体重の内訳

臨月、通常の体重よりおよそ8~10キロ(元の体重にもよります)くらいなら増えてもよい、と言われたと思いますが、この8~10キロという数字の内訳は、

胎児 3キロ
胎盤と羊水 1キロ
妊娠で増えた(増えるべき)脂肪 2キロ
増加した血液量や水分 2キロ

おおよそこのような割合と言われています。
この内、産後すぐに減るのは、胎児の重さと胎盤と羊水の重さの4キロ。
残りの血液や水分、蓄えた脂肪の重みや量は、産後1年を経て、母乳などを経て、ゆっくりと減っていくのです。

 

 

数字だけに囚われないダイエットを

ここで重要なのが、産後は、決して数字に囚われたダイエットをしないことです。単に体重の数字を減らすだけでは、ぽっこりと出たおなかの肉やたるみは回復できません。むしろ悪化させてしまうとも言えます。
ではどうすれば均等に無駄な脂肪を減らせるのでしょうか。それは、普段の食事に、脂肪燃焼に効く食材をしっかりと摂り入れることです。
単純に食べる量を減らせばよい、という考えでは、産後の回復期である身体へはしっかりと栄養が行き渡らず、母乳への悪影響も及ぼし兼ねません。なかなかスポーツや運動を取り入れたダイエットのできない産後は、食品から脂肪燃焼に効果のある食材を摂取するという方法を取り入れていきましょう。

 

 

脂肪燃焼にいい食べ物

髪や肌にも良く、体脂肪を燃焼させる食べ物が「赤身の肉」だと聞くと、逆に驚いてしまうかもしれません。
赤身の肉には、脂肪を燃焼させるためのたんぱく質が豊富に含まれ、また、鉄分も多く、産後の貧血状態の回復にも大きく役立ちます。
無駄な脂肪もなく、的確に必要な栄養素の摂取できる赤身の肉は、産後ダイエットをするには大変向いた食べ物です。
また、低カロリーで女性ホルモンや体調を整える大豆や納豆、卵なども下腹部の肉のたるみなどを防止するため一役買ってくれます。脂肪燃焼によい高品質なたんぱく質を食事にしっかりと摂り入れましょう。

 

 

温かい飲み物で不要な水分をスムーズに排出

妊娠中に体内に増えた水分は産後1年をかけて徐々に排出されていきますが、この際にも、できるだけ冷たい飲み物を控え、温かい飲み物を摂取することで、内側から身体をあたため、代謝を上げていきますと、ためこんだ水分が排出されると同時に、基礎代謝も上がっていきます。激しい運動のできない時期だからこそ、できるだけ内側から燃焼させることを心がけましょう。

 

産後ダイエットの基本は取り入れる飲食物を配慮することから

水分の排出には質のよい温かな水分を、溜め込んだ脂肪の燃焼には、質のよいたんぱく質を。
スポーツができない時期のダイエットだからこそ、食べ物から高いダイエット効果を得て、栄養を正しく摂取したうえで、健康面、そしてなによりも母乳にいい影響を与えながら、脂肪を燃焼させていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ: 産後ダイエット

Comments are closed.