> >

産後ダイエットの開始時期は出産後1ヶ月~2ヶ月頃。焦りは後の体にさわります

産後ダイエット

 

出産後のダイエット、どの程度のことをいつ頃から始めてよいのか、また、何が効果的なのか、身体に負担のかからない方法など、気になりますよね。
産後のダイエット、まずは気をつけなくてはならない点がいくつかあります。

スポンサードリンク

 

 

産後1ヶ月までは無理な引き締めに注意

産後1ヶ月は骨盤も身体も安静に産後すぐに焦って、骨盤引き締め用のバンドや補正下着などでムリに引き締めすぎないよう、助産師さんや看護士さんのアドバイスに従って骨盤ベルトなどを正しく使用していきましょう。

 
産後半年までが産後ダイエットのリミット、というまことしやかな話があるため、どうしても出産後すぐからダイエットに励もうとする方も多いですが、これは逆効果。
産後のムリは後々に祟りやすく、体調を崩してしまっては適度な運動をすることも敵わなくなります。
また、産後にインスタントに頼らず、こまめに自炊をする体力をこの先つけるためにも、この時期はしっかりと体力の回復をさせましょう。

 

 

産後1ヶ月~2ヶ月頃がダイエットスタート時期!

産後は、最低1ヶ月~1ヶ月半の間は、しっかりと身体も骨盤も休め、ムリをしないことがまず大前提です。
できるだけインスタントを避ける悪露の終わりが子宮の正常化のサインです。
悪露が終わる目安が産後1ヶ月~2ヶ月ほどですが、その頃がダイエットの開始時期です。
母乳を増やすために良いとされる食べ物は欠かさず、インスタントなどで食事を済ませるのをできるだけ控えることから始めるだけでも違います。

 
赤ちゃんが寝ている間に食事を済ませようとすると、どうしてもインスタントに頼りがちになりますが、インスタントのラーメンやパスタよりも、少しだけ手間をかけてうどんや蕎麦にすれば、母乳の出にもいい影響があると言われている食材ですので、ほんの少しの手間で、できるだけインスタント食品を遠ざけましょう。

 
産後は栄養をきちんと摂ることがダイエットこの時期に絶食や、栄養のある食べ物を摂取しないダイエット法なんてもっての他で、むしろ逆効果しか生みません。

 

 

授乳中にやるべきこと

母乳が出ているうちはどんどん栄養分を赤ちゃんに持っていかれますので、何もしなくても何を食べてもあまり太ることはありません。
ですが、そこで正しく栄養を取らずにいれば、母乳にも影響を及ぼしますし、なにより、体重は落ちても下腹だけがボヨンとしたままの痩せ方をしてしまいます。
産後は母乳へも、そして身体のダメージの回復のためにも、普段以上に栄養を必要としています。

 
肌や髪や骨の回復のために、カルシウムやミネラルのたっぷりの、栄養のある食材を使った食事をむしろ心がけましょう。
身体の回復、正しい栄養がいきわたることで、代謝が上がり、それが体脂肪の消費を促すことに繋がります。
意外に思われるかもしれませんが、産後に肝心なのはまず最低1ヶ月は身体を休め、骨盤を正しい位置に戻すこと、そして母乳にいい影響のある食べ物や、栄養のたっぷりとした食事を、適度に摂ることなのです。
まずは身体を正常な状態に戻し、代謝上げ、体脂肪を燃焼させるために、正しく身体を機能させることが重要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ: 産後ダイエット

Comments are closed.