> >

体と心を整えて無理なく引き締め効果を!産後のヨガダイエットのススメ


産後ヨガには沢山のメリットがあります。ヨガを行うことにより、産後の開いた骨盤を整え、緩んでしまったお腹を引き締め、体力や筋力の低下を回復させたりするも出来ます。

スポンサードリンク

 
また、体のストレッチを行う動作もあるため、疲労回復にも繋がったり、リラックス効果も得られます。
そして、産後ヨガは自宅でも行うことが出来るのも産後の体にとってはありがたいことです。

 

産後ヨガのクラスはメリットいっぱい!

ヨガの教室でも産後ヨガを教えてくれる所もあり、その様な所では同じ境遇のママさん達との交流もでき、出会いを広げることもできるので、とてもお勧めです。
そして赤ちゃんがいると家の中にいる事が多くなりがちですが、ヨガの教室に通うことで、外に出るきっかけにもなります。

産後ヨガを行うタイミングとしては、普通分娩で出産した場合は通常、出産後1か月半、帝王切開で出産した場合においては3か月を過ぎてからと言われています。
しかし、繊細な体の事なので、医師と相談の上、運動を始めた方が良いと言えます。

 

赤ちゃんとの生活を中心に考えた教室も!

産後ヨガを目的としてクラスを開いている教室だと赤ちゃんを連れて来ても良い所があり、赤ちゃんの重みを利用しながらヨガレッスンを行ってくれる所もあります。
子連れでレッスンしてくれるのはお母さんにとっても赤ちゃんにとてもありがたいことだと思います。
赤ちゃんも安心でき、お母さんのダイエットにも繋がりますし、教室を開いているところは探してみると沢山あるので、
ご自身の都合に合わせて教室を選ぶこともできます。

 

産後に歪んだ骨盤もヨガで調整可能

産後の体で特に気にしたいのが「骨盤」です。帝王切開を行った方でも、妊娠後期になると、女性の体は出産に向けて少しずつ変化をしていきます。
特に出産に向けて変わりやすいのが「骨盤」、位置や向きが大きく変化をし、出産を迎えるので、産後はその骨盤の歪みを治してあげるとダイエットにも繋がります。

一番簡単なヨガのポーズとしては「英雄のポーズ」このポーズを行っての効果としては、ウエストの引き締めやヒップアップ、骨盤の調整などが上げられます。

 

産後の身体に効果的な「英雄のポーズ」のやり方

やり方として、両方のかかとやつま先をピタッとくっ付け、息を吸いながら、両手を真っ直ぐ頭の上で手と手を合わせます。
その後、右足を大きく前に出し、つま先はやや外側に向けます。
息を吐きながら前の足の膝を曲げ、体を後ろに反らし、呼吸をしながら30~40秒その体勢をキープし、体勢を元に戻します。

同様に反対側の足でも行い3~5回を1日何セットか行うと効果的です。
注意点としては、体調に合わせて行う回数を調節したり、無理に行わないこと、呼吸を意識して気持ち良いストレッチを加えることです。

 

無理せず続けられる産後ヨガ

産後ヨガはすぐに結果が出るものではありません。
まさに継続は力なり。毎日続けてこそ効果が出てきます。

ヨガは呼吸を整えることでリラックス効果を得られたり、やストレッチを効かせながら出来るので、
心と体が同時に癒され、ダイエットにも繋がるので、とてもお勧めです。

英雄のポーズ以外にも沢山産後のダイエットに効果のあるポーズがあるので、飽きずに続けられ、効果も出やすいので、産後ダイエットには最適と言えると思います。

無理せず、続けることで結果はついてきますので、とてもお勧めできる産後ダイエット方法です。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ: 産後ダイエット

Comments are closed.