> >

緩んだ骨盤の放置が体型を崩す!産後に骨盤矯正ベルトが必要な理由

産後ダイエット
 
妊娠すると、リラキシンというホルモンが分泌されます。これは、強固な骨盤の関節を緩ませて、赤ちゃんが通る道を作る準備するためです。10ヶ月かけて、徐々に関節を緩め、骨盤を広げていき、出産直後が最も緩くなった状態となります。

出産後に体型が崩れる大きな原因の1つが、この緩んだ骨盤を放っておくことです。

スポンサードリンク

 

出産後から骨盤ベルトをつけるべき理由

骨盤が広がったままにしておくと、広がった骨盤に向けて内臓が落ち込み、下腹がポコッと出てしまいます。そして、お尻が広がります。さらに脂肪がつくとお尻が垂れてきて、ボテッとした大きなお尻になってしまいます。
下半身の血行が悪くなったり、尿漏れや痔などのトラブルを引き起こしたりすることもあります。

出産直後から、2ヶ月程の身体の回復期にしっかりと締めておくようにしましょう。2ヶ月くらいたつ頃には、靭帯が元の強さを取り戻します。それまでは、腹帯や骨盤ベルトを使って、締めておくのが効果的です。

実は、骨盤ベルトは、妊娠中からつけておくことで、骨盤の広がり過ぎや、ゆがみを防止してくれます。重たくなった腹部をささえ、腰痛や恥骨付近の痛みを緩和することもできるので、早くから準備しておくと良いと思います。

 

骨盤ベルトの正しいつけ方

腹帯や骨盤ベルトは、正しくつけることが大切です。
お腹に巻くと思っている人も多いですが、お腹ではなく、骨盤の下半分を締めるのです。そうすることで、しっかりと骨盤を結ぶ、恥骨結合を締め付けることができます。

詳しくは、上前腸骨棘と大転子の間です。
上前腸骨棘は、腸骨の前側にある出っ張り部分です。座った時に脚の付け根にできる皺の少し上のところに、飛び出ている骨を探してみてください。ベルトをつける時は、寝そべって、その骨の出っ張りの左右を結ぶように、ベルトの上端を沿わせるようにするとつけやすいです。ベルトの下端が、骨盤の一番出っ張ったところに来るようになります。着けた後は、立ち上がって締め付け具合を確認しましょう。これは、妊娠中も産後も同様です。おへそより上に締め付けの中心がこないようにしましょう。

 

腰痛にも効果がある骨盤ベルト

効果がない上に、締め付けが苦しい、生活に不便など、使う時に不快に感じるようなら、無理に続ける必要はありませんが、骨盤の広がりにより、腰痛や恥骨結合の痛みに悩んでいる人は骨盤ベルトをすることで、解消されることが多いようです。

腹帯や骨盤帯は、産院やベビー用品店などで様々な種類のものが売っています。また、安産祈願などでもらうさらしを使うのも効果的です。着けやすさや使いやすさを考えて、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ: 産後ダイエット

Comments are closed.