> >

産後ダイエットはいつから?…出産直後は身体の回復が最優先!

出産後 赤ちゃんと
 
出産を経験するまで、赤ちゃんが出てきた後は痛みも何も無く、スッキリ育児に専念できるものと思っていました。そう思っている方も多いのではないでしょうか?
しかし、実際は出産のダメージが想像以上に大きく、身体はすぐに元通りにはなりません。

スポンサードリンク

 

予想以上に大きい、出産による体へのダメージ

まず、様々な痛みがあります。
最初は、「後陣痛」に悩まされる人が多いです。特に経産婦さんの方が痛みが出るそうですが、初産でも痛み止めを処方される場合があります。子宮が元の大きさに戻ろうと収縮する時の痛みで、産後数日間続きます。それだけでなく、出産後すぐに赤ちゃんは母乳を欲しがるので、母乳が出始めます。そうすると、おっぱいの張りや、赤ちゃんの吸引による乳頭の痛みが加わります。出産時に会陰切開をしたり痔になったりした人は、痛みで椅子に座ることもできません。
入院中は、授乳の時以外は食事か寝ていれば良いのですが、起き上がるなどのほんの些細な動作一つ一つが苦痛です。

産後は、そうしたダメージから身体を回復することが最も優先されます。
ダイエットのために無理に動いたり、食事を減らしたりすることは絶対にしないでください。ここで回復をしないで無理をすると、後々の身体の状態を悪くしてしまいます。

 

産後の体が回復していく目安となるものは?

子宮の回復具合を示す目安となるのが、悪露という子宮からの出血です。出産によって不要になった内膜や血液が流されてきたものが悪露です。最初は生理の比ではない量の多さで驚くと同時に、不快で億劫です。身体の回復とともに段々と減ってくるのですが、しっかり休まなかったり、回復が不十分だったり、子宮に異常があるなどの場合には、悪露が出続けてしまいます。

悪露がしっかり止まって、1ヶ月検診で異常がみられないことが、回復の一つの目安です。
それまでは、赤ちゃんとともに食べて・寝ての生活を送りながら、育児と身体の回復に全力を傾けることを最優先にしてください。なるべく身体を横にして、荷物をもったりすることはもちろん、ほとんど動かないのが理想です。

 

体を日常生活に慣らしていくのは産後1ヶ月を過ぎてから

1ヶ月が過ぎたら、徐々に身体を日常生活に戻していくようにします。
普通のダイエットでは、「食事を控えて、たくさん運動」が基本ですが、産後のダイエットでは、まずダメージを受けた身体を治すため、「しっかり食べて、ゆっくり休む」が最初の一歩です。

運動などは、身体がしっかり回復してから行った方が効果がでます。
本格的にダイエットのことを考えるためにも、出産直後から1~2ヶ月程度は、しっかり身体を休めましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ: 産後ダイエット

Comments are closed.