> >

悪阻の時期と安定期は別物と考えて!妊娠中の食生活と体重管理


 
妊娠中に適切な体重管理ができていれば、産後のダイエットは驚くほど楽になります。そこで、身につけておきたいのが、正しい食生活です。妊娠中はもちろん、産後も、とても食欲旺盛になることがあります。無理に食べるのを控えると、ストレスもたまるし、赤ちゃんの成長にも悪影響です。上手に栄養をとって、赤ちゃんとともに、健康な身体をつくる食事の基本を覚えると良いでしょう。

スポンサードリンク

 

悪阻の出方は人それぞれ

妊娠中の体重管理を困難にして、栄養バランスを崩す大きな原因に、悪阻(つわり)があると思います。悪阻に苦しんだ経験がある人はよくわかると思いますが、食事をどうこう……と考える余裕はないのです。
食べ悪阻の場合には、とにかく何か食べていないと気持ちが悪い。吐き悪阻の場合には、食べると気持ち悪いし、食べ物の匂いも受け付けない。とにかく眠い。つばが出る。つねにかったるい。など、悪阻の出かたは人それぞれです。

 

食べ悪阻も吐き悪阻も体重コントロールは難しい

食べ悪阻の人は、妊娠初期から体重がどんどん増えます。胎児の成長は後期になると急激ですから、後期の体重増加を考えると、初期はセーブしておきたいところですが、悪阻には勝てません。つい食べてしまって、後戻りできない……といった感じになります。

吐き悪阻は、妊娠初期に体重の減少がみられます。でも、油断は禁物です。悪阻が終わって安定期に入る頃、食べ物が美味しく感じ、つい食べ過ぎてしまいます。ここで急激に体重が増える人が多いのです。

悪阻中は、とにかく苦しいため、苦しさを紛らわすことが最優先となります。本当に、その日生き延びるので精一杯という感じでした。「体に良いものをバランスよく……」などといわれますが、実際には、「とにかく食べられるものを……」とか、「ある特定の食材だけを……」をいった具合です。
栄養バランスも崩れがちですが、この時ばかりは仕方がないと割り切ってください。

 

悪阻が治まったら食生活の見直しを

安定期に入ると悪阻が治まってくる人が多いです。悪阻が終わったら何とか頑張って食生活を見直しましょう。
「主食」「主菜」「副菜」の基本の形でご飯を準備して、なるべく栄養バランスを整えます。1日3食を基本に、間食をする場合には、お菓子ではなく食事の延長と考え、おにぎりやふかしイモなどを用意しましょう。
特に、妊娠中や産後に必要となるのは、「鉄分」「カルシウム」「葉酸」「食物繊維」です。妊娠中から、母乳育児中にかけて、特に消費される栄養素ですので、しっかり摂るようにしましょう。

 

塩分も甘いものにも注意を

抑えたいのは塩分です。また、甘いものの摂り過ぎも脂肪をためこむ原因になるので、注意が必要です。どうしても間食にお菓子を食べたい場合には、ベビーフードを探すと良いでしょう。赤ちゃんせんべいや赤ちゃん用のクッキーなどは、美味しくて糖分や塩分が控えめです。

正しい食生活を身につけて産後も継続することで、健康を維持しながら無理なく体重をコントロールすることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサードリンク
スポンサードリンク
カテゴリ: 産後ダイエット

Comments are closed.